WISE:Work-style Information by Student's Eye

新プロジェクト「WISE」始動!
学生による学生のための
地域企業情報誌&WEBサイトを作ろう!

株式会社 コンセプション
宿泊業、飲食サービス業〔仙台市青葉区〕

社員の「やりたい」と共に究極の幸せを追求する

株式会社 コンセプション 株式会社 コンセプション

仙台と東京を中心に17店舗のレストランとバーを経営する、株式会社 コンセプション。カフェや居酒屋など、さまざまな営業形態を展開します。海外研修を行なったスタッフが提供する本格的な料理はもちろんのこと、店舗は外観からアート・音楽を含む内装まで徹底的なこだわりを見せ、その洒脱な雰囲気と確かな料理の味が、確実にリピーターを増やしています。会長の沼倉幸俊氏は、「お客様を幸せにしたい」という信念を基に、社員の個性と意見を尊重した店舗づくりを進めています。

所在地
〒980-0021 仙台市青葉区中央3-5-30 T&I NEXT303
Tel. 022-716-3625 Fax. 022-716-3625
http://www.conception-gp.com
代表者
代表取締役会長 沼倉 幸俊
資本金
1,100万円
創業設立年
1996年

(2016年2月取材)

人類の最大の目的は幸せになること。それは、お客様も社員も同じこと

沼倉 幸俊

代表取締役会長
沼倉 幸俊

採用したい人材としては「気立てのいい人」ですね。気立てのいい人というのは、仕事ができる人が多いと思っています。同時にリーダーシップがあれば、なお良しです。リーダーにならなければ得られない経験もありますし、いいリーダーがいなければ、部下も会社も育ちません。私はそういった性格の持ち主と「幸せ」を追求できれば、と考えています。
私は人類最大の目的は「幸せになること」だと思っています。そして「幸せ」を最もストレートに提供できる仕事が、この飲食業。レストランの語源は英語で「復活・再生」です。仕事に疲れ、お腹を空かせたお客様に、最高の料理と空間で、心身ともにリフレッシュしてもらう。明日への活力を養ってもらう。最後に店を出るときは笑顔で帰っていただきたいんです。
同じ仕事にしても、例えば医師は体調が優れない人、教師は生徒といったように、職種によって対象は限定的になってしまうものですが、飲食業は違います。空腹にならない人はいませんから、どんな人でもサービスの対象なのです。そういう意味では、この仕事は全ての人を幸せにできる究極のサービス業であり、人生を賭してでも取り組む価値のある仕事だと思います。
また、お客様はもちろんですが、従業員にも幸せになってもらいたいと考えています。海外研修を行なっているのもそのためです。同じ味と値段の料理なら、お客様は海外で研修を受けた人がつくった料理を選びますよね。フランス、イタリア、ニューヨーク、それぞれの料理の本場で研修を行い、雰囲気を感じて技術を磨く。そうして経験から得たものを、それぞれの店舗で存分にフィードバックしてもらいます。お客様に幸せを提供し、その幸せで社員も幸せになればいいと思っています。
ですので、こうした環境を共につくることができる「気立てのいい人」を待ち望んでいます。幸せをつくる環境は、既にできています。

業務内容

本場を知る料理人が五感に伝える「幸せ」を、仙台で堪能

コンセプションは、仙台と東京にさまざまなコンセプトの飲食店を経営する会社です。オフィスのすぐ隣に店を構える経営店舗「TRATTORIA COMPANIO(トラットリア・カンパニオ)」は、本場で修業を積んだシェフが本格イタリアンを提供する料理店です。コンセプトは店舗ごとに違いますが、こだわり抜いたお洒落な外観が、往来の人々の足を引き寄せます。幸せを追求する経営者と、それを実現させる従業員。店内に響く優雅な音楽や飾られたアート、そして洗練された料理の味が、訪れた人の幸せを満たしてくれます。

企業の特色・強み

社員を育てる確かな環境とそれを支える熱い経営者の存在

「経営者の役割は社員を幸せにすること」と語る沼倉会長。店舗ごとに従業員の意見を積極的に採用し反映するのも、海外研修を行なうのも、従業員の将来のためを思ってのこと。働きやすい環境をつくることで、お客様に質の高いサービスを提供できるのはもちろん、いい会社づくりにつながっているのです。
自身がコンセプションを立ち上げる前に描いていた「いろいろなことに挑戦したい」、「こういう店があったら」という強い思い。その思いを今も忘れず、社員の背中をそっと押す会長の存在と、その意志を色濃く継承しているスタッフの存在が強みだと実感しました。

将来のビジョン

幸せを追求した結果が今。これからも社員の創造力に期待

今後のビジョンは「今までやってきたことを、これからも地道に続けるだけ」と会長は話します。現在は仙台と東京で17店舗を経営していますが、店舗数は「徐々に増やし続ける」そうです。社員とお客様の幸せを追求する、利益よりも人を大切にするという考えに多くの人が賛同し、支援しているからこそ今の安定した経営が実現していると、周囲に対する感謝の心も忘れていません。
また、従業員の方とも壁の無いコミュニケーションを取っている姿が、コンセプションの経営が成功した秘訣のように思えました。「私はこれからも社員の『やりたい!』という希望に沿って、電卓を叩き、あとはゴーサインを出すだけです」。会長はこれからも多くの人の幸せをプロデュースしていきます。

わたしの出番!

やりがいを感じながら伸び伸びと過ごした入社1年目

わたしの出番!

岸 栄里菜さん
TRATTORIA COMPANIO(トラットリア・カンパニオ)

イタリア料理は、味はもちろん見た目も同じくらい大事なので、盛り付けにもこだわっています。最初はなかなか上手にできませんでしたが、お客様から「おいしい」、「きれい」と褒められた経験がモチベーションになり、今はそれがやりがいにもなっています。
とても過ごしやすい環境で働いています。もともと現在働いている店舗には、調理師学校時代に研修やアルバイトでお世話になっていたこともあるかも知れませんが、自分の意見が主張しやすい環境だと思います。「こんなコース料理をつくってみたい」と先輩方に相談すると、「面白い」といってすぐにつくらせてもらえたこともありました。入社1年目は伸び伸びと仕事ができて、充実していてあっという間に過ぎた感じです。

マイ・パートナー

若い頃の経験が必ず後で生きてくる。将来を見据える広い視野を

マイ・パートナー

沼倉会長直筆のメモ 働く上で必要な考え方を教えてくださった

沼倉会長が仕事に必要不可欠と語るマイパートナーは「入社してからの心構え」でした。
箱の形をした図の縦が「仕事で使う部分の割合」で、横が「入社してからの年月」、図の下に伸びる矢印は給料の例を表わしています。
「働いて数年は、理屈を体に染み込ませる意味でも、がむしゃらに体を動かすものです。その後は徐々に頭を動かす割合が増えていって、ある時逆転する」と、自身の人生観とともに語ります。最初は辛くても、何年か続けていれば経験が結果に結びつく。「わたしたち経営陣が確かな判断を下せるのも、若い頃の頑張りがあってこそ」だそうです。
全国の若者へのエールとも取れるこの考え方は、会長とコンセプションを支えてきた大切な「マイパートナー」なのです。

先輩の声

明るくて楽しい職場の雰囲気、その中で実感する「成長」

先輩の声

岸 栄里菜さん
TRATTORIA COMPANIO(トラットリア・カンパニオ)

働き始めてまだ1年目ですが、先輩方が明るい雰囲気をつくってくれるところが好きですし、おかげで楽しく仕事をすることができます。今は主にコースの前菜を担当しています。材料一つにしても何種類もあるので、覚えるのが大変ですがそれも勉強。先輩方に支えられながら成長しています。頑張った分結果として自分に返ってくるので、今はがむしゃらに知識と技術を吸収したいと思っています。

この記事を書いた学生記者

取材を通して、いかに幸せを追求することが大切か分かったような気がします。普段「幸せ」について考える機会がほとんど無かったため、今回の取材が自分の幸せを考え始めるきっかけになったと思います。
他人の幸せが、自分の幸せにつながる。逆もまた然り。そんな幸せの連鎖を、飲食店の経営という形で実現するコンセプションの在り方に感銘を受けました。
「人は誰しも空箱で生まれてくる。その中身を幸せで埋めていく過程が人生だ」。沼倉会長からいただいたこの言葉に、目が覚める思いでした。自分はどうか?日々を浪費していないか?私にとっての幸せとは何か?この取材を経て、自分と向き合う覚悟ができた気がします。私も人と人とのつながりを大切にし、幸せを追求していきたいと思います。私という名の空箱を埋める作業が、誰かの幸せになるように。(武藤 大紀)