CHAIN GRAPH(チェーングラフ) 日本最大級の仮想通貨とNFTの情報メディア

【稼げる】NFTアートを販売する方法をわかりやすく解説【失敗しない5ステップ】

NFT

悩むネコ
悩むネコ

NFTアートを実際に売ってみたいけど難しそうだな…。
完全初心者にもわかりやすく、具体的な手順を教えて欲しい。

このような悩みに答えます。

本記事の内容

  • そもそもNFTってなに?
  • NFTアートを販売する方法とは
  • NFTアートを販売する際の注意点
  • 初心者がNFTアートを販売するコツ

OpenSeaでNFTを購入・販売するにはイーサリアム(ETH)が必要

『NFTで稼ぎたい』という方は、コインチェックの口座を無料開設しておきましょう。初心者に1番おすすめの取引所です。

>>無料でコインチェックの口座開設をする

コインチェック

【NFTを販売する前に】そもそもNFTってなに?

NFTは英語で、「Non-Fungible Token」の略です。日本語訳すると「非代替性トークン」。

非代替=替が効かない、トークン=データや仮想通貨です。

つまりNFTとは簡単に一言で表すと
唯一無二であることが証明されるデジタルデータ・資産です。

イメージとしては、デジタルデータが現実の資産と同じように価値を持つようになったと思ってください。NFTについて、もう少し深堀りしたい方は下記の記事をどうぞ。
参考記事:今話題の『NFT』とは何か?初心者にもわかりやすく解説

NFTアートを販売する方法【失敗しない5ステップ】

手順は次のとおり。

  • ステップ①:OpeaSeaにアクセスする
  • ステップ②:OpeaSeaにコレクションをつくる
  • ステップ③:コレクション情報を入力する
  • ステップ④:NFTアートにしたい作品を決める
  • ステップ⑤:NFTアートに値段をつける

下記の準備が済んでいない方へ

  1. コインチェックで口座を開設
  2. メタマスクウォレットを作成
  3. Openseaでアカウントを作成

NFTの販売をおこなうには、上記が完了している必要があります。
リンクを踏むと、参考ページに飛べます。まだの方はすぐに済ませてしまいましょう。

ステップ①:OpenSeaにアクセスする

まずOpeaSeaにアクセスしましょう。
» OpeaSeaの公式ページ

上記のように「狐のアイコン」をクリック。
するとメタマスクが開くので、ネットワークを確認しましょう。

イーサリアムを使いたい人は「イーサリアムメインネット」になっていることを確認してください。ポリゴンを使いたい人は「Polygon mainnet」に変更しましょう。

ステップ②:OpenSeaにコレクションを作る

次にコレクションをつくっていきます。
コレクションとはNFT作品を並べるための『箱』のようなものです。NFT作品が料理、コレクションがお店というイメージ。

まず「アイコン⇨My Collections」の順にクリック。
すると下記のように表示されます。

メタマスクから「署名」を求められるのでクリック。
最後に「Create collection」をクリック。

ステップ➂:コレクション情報を入力する

次に、コレクション情報を入力していきます。

具体的には下記のとおりです。

  • ① 画像を入力
  • ② コレクション情報を入力
  • ③ 販売方法を入力

(1):画像を入力

まずは画像から入力していきます。

  • Logo image:ロゴ画像
  • Featured image:アイキャッチ画像
  • Banner image:ヘッダー画像

上記を設定しましょう。後から変更することも可能ですが、コレクションの画像は購入者の目を引く一番のポイントになるのでよく考えて設定しましょう。

(2):コレクション情報を入力する

コレクション情報を入力していきます。
具体的には、下記のとおりです。

  • name:コレクションの名前
  • URL:コレクションのURL
  • Description:コレクションの説明

なお、コレクションの説明に関しては「日本語&英語」で記しておきましょう。NFTの市場は海外需要の方が圧倒的に大きいためです。
英語が苦手な方も「Deepl」という翻訳ツールを使えば簡単に作成できます。

カテゴリーに関しては、下記です。

芸術作品よりなら「Art」。
コレクション用の作品なら「Collectibles」。

分からない場合は、各カテゴリの作品を見て、自分の作品がどのカテゴリに属するのか判断してください。

あなたのアカウントに紐付いたURLを入力します。
作品の購入時に、必ず確認されるポイントなので、しっかりとしたリンク先を記入しておきましょう。

ない場合は無記入でOKです。ただし作品を本気で売っていきたいのであれば、広報用のSNSアカウントを持っておいた方がいいかと思います。

(3):販売方法を入力

ロイヤリティを設定します。
ロイヤリティとは、出品した作品が転売(二次流通)されたときに、その料金の一部をロイヤリティとして受け取れるパーセンテージです。「10%」に設定している方が多いです。

ウォレットアドレスを設定します。
MetaMaskウォレットのアドレスを入力しましょう。※間違ったアドレスを入力してしまうと、料金が振り込まれないので注意

続いて、「Blockchain」 の選択をしていきます。
下記の2点から選択可能です。

  • Ethereum(イーサリアム)
  • Polygon(ポリゴン)

「Polygon(ポリゴン)」のほうが、安く取引することができます。その一方で、Ethereum(イーサリアム)の手数料は高額になります。

ただし主要なNFTはイーサリアムベースであることが多いですね。特にこだわりがないなら、ETHを選んでおくのが無難です。

最後に表示方法を設定します。
自分の好みに合う表示方法を選びましょう。

※過激な作品のみチェックマークをONする

署名をして終わりです。
これでコレクション(お店)を作ることができました。

ステップ④:NFTアートにしたい作品を決める

作品を投稿していきます。お店という『箱』が出来たので、料理を作っていくイメージ。

まずコレクションページから「Create」をクリックします。

作品情報を入力していきます。

  • Image, Video, Audio, or 3D Model:作品をアップロード
  • Name:作品の名前
  • External Link:作品の紹介ウェブページ
  • Description:作品の説明

この辺りを入力していきます。Webページがない人は、SNSアカウントなどでOKです。


作成したコレクションを選択します。その下は初期設定でOKです。

つぎに売買に使用するブロックチェーンを設定します。
具体的には、下記のとおりです。

  • Supply:限定販売枚数
  • Blockchain:売買につかうブロックチェーン
  • Freeze metadata:データ凍結の有無

イーサリアムの人は、ETHを選択。ポリゴンの人は、Polgonを選択しましょう。

先ほども説明したとおり、こだわりがないならETHでOKです。これで作品(料理)が投稿できました。次が最後の手順です。

ステップ➄:NFTアートに値段をつける

NFTアートに値段をつけて発行します。

まずは、出品したい作品を開いて右上の「Sell」をクリックします。

つぎに値段をつけていきます。

上記の画面に移りましたら、作品の価格を設定しましょう。設定が完了したら「Complete listing」をクリック。

ガス代を支払います。
ガス代は始めの1回だけ支払えばOK。割と高めですが、必要経費です。あとあと回収していきましょう。

上記の画面が表示されたら出品完了です。

NFTアートを販売する際の注意点

NFTを販売する際にはいくつか注意点があります。

  1. 販売する際にガス代が発生する
  2. 著作権に違反しないように注意する
  3. 必ずしも売れるとは限らない
  4. 有価証券に該当した場合、今後規制が課される可能性がある

本格的にNFTで稼ぎたい方は、必ず把握しておきましょう。

1.販売する際にガス代が発生する

NFTでは販売する際にガス代が発生します。ガス代とは、取引を行う際に発生する手数料のこと。

取引が活発になるほど高額になっていくため、ガス代だけで数万円以上かかるケースもあり注意が必要です。

2.著作権に違反しないように注意する

NFTにも、一般的なイラストや絵画と同じく著作権は存在しているので注意してください。他人が制作したイラストなどを、無断で販売する行為は著作権違反に問われる可能性があります。

違反すると、罰則を課されるため注意が必要です。

3.必ずしも売れるとは限らない

結論から言うと、NFTを販売することは簡単ではないです。NFTの利用者は年々増加しているもの、アートを出品すれば必ず買い手がつくわけではありません。

特にNFTはまだまだ認知度が低く、日本人の参入者が少ない領域です。日本人だけでなく海外の方にも需要があるNFTを出品した方が売れやすいでしょう。

Twitterなどで宣伝用のアカウントを作り、英語での発信をした方が売れる可能性が高くなります。

4.有価証券に該当した場合、今後規制が課される可能性がある

NFTは法整備がまだ進んでいません。NFTを保有することで経済的な利益を得られると判断された場合、金融商品取引法上の有価証券に該当する可能性があります。

その場合、予期しないような様々な規制が課される可能性を考慮に入れておくべきです。

初心者がNFTアートを販売するコツ

次のとおりです。

  • その①:作品を拡散する
  • その②:人気作品をリサーチする
  • その③:Ethereumで出品する

その①:作品を拡散する

NFTアートを高値で販売するためには、作品の魅力をしっかりアピールしましょう。どれほど優れたアートであっても、認知されていなければ売れません

NFTアートの宣伝でよく使われているのがTwitterです。特に、日本よりも海外の方が市場規模は圧倒的に大きいので、英語でのツイートがおすすめ。翻訳アプリを上手く活用すれば英語が苦手な方でもOK。

完成させたら終わりではなく、積極的に作品の魅力をTwitterで発信してみましょう。

その②:人気作品のリサーチをする

NFTアートを高値で販売するためには、人気のある作品のリサーチも欠かせません。まだライバルが少ない状況とはいえ、マーケティングをせずに売れるほど甘い世界ではないです。

たとえば世界最大のマーケットプレイスであるOpenSeaでは、クリエイターの人気ランキングを確認できます。上位のクリエーターの作品を日々観察し、どのような作品が受けやすいのか考えてみるのがいいと思います。

オリジナリティを出しつつも、人気作品の要素を取り入れるが高値で取引されるコツと言えるでしょう。

その③:Ethereumで出品する

稼ぎたいなら「Ethereum(イーサリアム)」で出品しましょう。理由は、イーサリアムベースのNFTの方が流動性が高かったり、市場規模が大きいからです。

またイーサリアムベースのNFTはガス代が高額になることから、高値で取引されやすいといった特徴もあります。本気でNFTで商売をしたい方はイーサリアムでの出品がオススメです。

おすすめ記事:NFTアートが作れるアプリ5選【作成から販売までの手順も解説】

この記事を読んだ97%は行動しない

この記事を読んだあなたは、少なからずNFTへの理解が深まったはずです。

試しにNFTを始めたら、SNSフォロワーも増加し、お金も月7桁以上稼げるようになった…。という人を僕は何人もみてきました。

97%の人は、ここで何もせずに終わってしまいますが、残りの3%のあなたは、この機にぜひ行動してみましょう。

記事を読み終えたら、コインチェックで口座開設&イーサリアムの購入だけは済ませておくといいでしょう。

>>無料でコインチェックの口座開設をする

コインチェック

上記のリンクから、NFTの世界へ一歩踏み出してみましょう。