CHAIN GRAPH(チェーングラフ) 日本最大級の仮想通貨とNFTの情報メディア

OpenSeaにおけるフリーズメタデータとは何か?メタデータをフリーズする方法も解説

NFT

悩むネコ
悩むネコ

OpenSeaで「フリーズメタデータ」という言葉を聞いたのだけど、いったい何のこと?わかりやすく教えてほしいよ。

このような疑問に答えます。

本記事では、OpenSea(オープンシー)におけるフリーズメタデータの仕組みについてわかりやすく解説します。またメタデータをフリーズする方法についても解説するので合わせてどうぞ。

本記事の内容

  • フリーズメタデータとは何か
  • NFTのメタデータをフリーズする方法

NFTコレクションの作成者であれば、「フリーズメタデータ」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

ほとんどのNFTコレクションはデフォルトでフリーズされています。フリーズメタデータという仕組みによって、NFT作品はプラットフォームが潰れてもデータが消えなくなっています。この仕組みについて詳しくみていきましょう。

OpenSeaでNFTを購入・販売するためにはイーサリアムが必要

『NFTで稼ぎたい』という方は、コインチェックの口座を無料開設しておきましょう。初心者に1番おすすめの取引所です。

>>無料でコインチェックの口座開設をする

コインチェック

フリーズメタデータとは

メタデータはNFTの「登録情報」です。そしてNFTに付随する関連情報を「NFTマーケットプレイス外のストレージに保存する技術」をフリーズ化と言います。これによってOpenSeaというプラットフォームが潰れても、NFTに関連するデータを安全に保管することができます。

Metadataが「Frozen」となっていたらフリーズ化されていることを意味します。

一方、Metadataが「Editable」となっている場合には、NFTはフリーズ化されていません。

基本的にNFTはブロックチェーン上に存在するものなので、プラットフォームには依存しない仕組みです。ブロックチェーン上に情報が刻まれている限り、データ(PNG/JPG等)が消えてもウォレットの取引履歴には残り続けます。OpenSeaには「フリーズメタデータ」と呼ばれる「別のストレージ領域でデータ管理する方法」があります。

OpenSeaにおけるメタデータと置き場所

OpenSeaのNFTアートには以下のようなメタデータが存在しています。

  • item name(NFTの名前):CryptoPunk#777など
  • media(JPG/PNG/GIF/SVG/MP4/WEBM/MP3/WAV/OGG/GLB/GLTF)
  • description(説明):「2017年発売、10,000体限定のジェネレーティブアート…」など
  • properties(特性):髪、サングラスなど
  • levels(レベル):レア度などを設定可能
  • stats(統計)

これらのNFTに関するデータが、ブロックチェーン自体に保存されることは稀です。OpenSeaの場合、NFTデータはマーケットプレイス外のストレージに保存されています。ブロックチェーン上には、「URL」のみを記録することで管理コストを下げています。なぜなら、ブロックチェーンに画像データなどの大きいデータを保存するとイーサリアムのトランザクションが高くなるからです。

なお、ブロックチェーンの外側はオフチェーンと呼ばれることもあります。オフチェーンの場合にはブロックチェーンに刻まれているのは通常「URL」のみです。一方、オンチェーンの場合には画像、名前といった情報すべてが刻まれています。オンチェーンの方が情報の改ざんができないといった利点がありますが、コストが高くなるため一長一短です。

OpenSeaではIPFSにファイルが保存される

OpenSeaなどは、IPFS(Interplanetary File System)と呼ばれる分散ストレージにファイルを保存します。このストレージは、複数のコンピューター間で画像とアートを保存する仕組みになっており、単一のサーバーに保存するよりも安全に情報を管理できる仕組みとなっています。簡単にいえば、サーバー版のブロックチェーンのような仕組みです。

もし仮にOpenSeaがつぶれてしまったとしても、IPFS技術で守られたストレージに保存されていれば、いつでもデータを取り出せる仕組みとなります。

NFTのメタデータをフリーズする方法

NFTのメタデータがフリーズ化されていない場合(基本的にデフォルトでフリーズ化されているので可能性は低い)は、以下の手順でフリーズ化させることができます。

  1. OpenSeaのマイコレクションのページに移動します。
  2. アイテム/コレクションのプロパティに移動し、メタデータのフリーズオプションが表示されるまで下にスクロールします。スイッチをオンにしましょう(青い状態ならOK)。
  3. 以下のポップアップが表示されます。✓ボックスをクリックし、[Submit transaction]をクリックします。
  4. 取引に署名し、イーサリアムのガス代に同意する必要があります。「Confirm」をクリック。
  5. 完了すると、Detailセクションに「Frozen(IPFS)」と表示されます。

解説は以上になります。最後までお付き合いありがとうございました。

おすすめ記事:NFTアートを販売する方法をわかりやすく解説【失敗しない5ステップ】