CHAIN GRAPH(チェーングラフ) 日本最大級の仮想通貨とNFTの情報メディア

【NFT】OpenSeaにメタマスクを接続・連携させる方法【もっとも簡単な解説】

NFT

悩むネコ
悩むネコ

NFTを購入したいのでOpenSeaとメタマスクを連携させる方法を知りたい!完全初心者にもわかるように解説してほしい!

このような悩みに答えます。

本記事では、OpenSeaにMetaMask(メタマスク)を接続・連携させる方法についてわかりやすく解説していきます。

本記事の内容

  • MetaMaskウォレットの作成方法を解説
  • OpenSeaにメタマスクを接続・連携させる手順を解説
  • OpenSeaでNFTを購入する方法を解説
  • よくある質問

NFTを購入する前に、MetaMaskなどのウォレット(お財布のようなもの)を作成し、イーサリアムなどの仮想通貨を用意しておく必要があります。またMetaMaskを作成後、OpenSeaアカウントに連携・接続させる必要があります。

NFTを購入するまでにいろいろ手順がありますが、初心者にもわかるように一から解説するのでぜひ参考にしてください。

OpenSeaでNFTを購入・販売するにはイーサリアム(ETH)が必要

『NFTで稼ぎたい』という方は、コインチェックの口座を無料開設しておきましょう。初心者に1番おすすめの取引所です。

>>無料でコインチェックの口座開設をする

コインチェック

用語の解説【最低限知っておこう】

OpenSea(オープンシー)とは?

OpenSeaとは世界最大規模のNFTマーケットプレイスです。

NFTマーケットプレイスとはNFTの販売・購入をする場所のことです。OpenSeaは2017年12月にサービスが始まりました。

アメリカのニューヨークを拠点としたNFTマーケットプレイスで、月間取引数が約250億円ほどあります。その圧倒的な取引額の大きさから、NFTマーケットプレイス界の「Amazon」なんて言われることもあります。

OpenSeaには、以下のデジタルアイテムを含むNFTがたくさんあります。

  • 写真
  • デジタルアート作品
  • ドメイン名
  • 音楽
  • トレーディングカード

OpenSeaでNFTを購入、販売、または取引するには、MetaMaskなどの暗号通貨ウォレットを作成する必要があります。またOpenSeaの主要通貨はイーサリアムですが、他の通貨もサポートされています。

MetaMask(メタマスク)とは?

MetaMaskとはイーサリアム系の仮想通貨のウォレットのことです。

仮想通貨のウォレットの中では、MetaMaskが圧倒的な人気を誇ります。MetaMaskに仮想通貨を保有しておくことで、名前のとおりお財布のように資産を扱えます。取引所などでも仮想通貨は管理できますが、ウォレットのほうがより安全とされています。

またMetaMaskには、パソコンにウォレットをインストールして利用する『拡張機能』と、スマホなどにアプリをインストールして利用する『モバイル』の2つのタイプがあります。基本的には拡張機能として使うのがおすすめです。

MetaMask(メタマスク)ウォレットのインストール方法

MetaMask拡張機能を持っていない方はまず準備しておきましょう。手順は以下のとおり。

  1. MetaMask拡張機能のダウンロードページに移動。
  2. 拡張機能をインストール。
  3. 「Get Started」をクリック。
  4. 「Create a Wallet」を選択して続行。
  5. 同意を選択。
  6. パスワードを作成して確認。
  7. シークレットリカバリーフレーズを書き留めて、適切な場所に保管。
  8. シークレットリカバリーフレーズを順番にクリック。
  9. 完了。

以上でメタマスクの導入は完了です。

URLバーの右側にあるMetaMask(狐の)アイコンをクリックするだけで、MetaMaskアカウントにいつでも再アクセスできます。

OpenSea(オープンシー)にMetaMask(メタマスク)を接続・連携させる方法

手順は以下のとおり。

  1. オープンシーのウェブサイトにアクセス。
  2. 右上のプロフィールアイコンをクリック。
  3. ウォレットリストからメタマスクを選択。
  4. MetaMaskが開くので、「次へ」→「接続」→「署名」の順にクリック。
  5. メールアドレス、ユーザー名などを追加。
  6. 送られてきたメールの「VERIFY MY EMAIL」をクリックして認証する。

これでメタマスクとOpenSeaの接続は完了です。

プロフィール写真、ユーザー名、OpenSeaプロフィールなどは、後からいつでも変更できます。

OpenSea(オープンシー)でNFTを購入する方法

MetaMaskウォレットをOpenSeaに接続したら、NFTを購入してみましょう。

なおNFTの購入にはイーサリアムが必要なので、コインチェックで口座開設をしてイーサリアムを購入しましょう。コインチェックで購入したイーサリアムは、MetaMaskウォレットに送金します。

>>無料でコインチェックの口座開設をする

購入手順は以下のとおり。

  1. OpenSeaアカウントにログイン。
  2. 「Explore」をクリック。
  3. 興味のあるジャンルを選びましょう。ここでは「All NFTs」を選択。
  4. 目を引くものを探す。
  5. 購入したいNFTをクリック。
  6. 「Buy now」を選択。
  7. チェックボックスをオンにして、OpenSeaの規約に同意。
  8. 『Confirm check out』をクリック。
  9. メタマスクが開き、取引の確認画面が表示されます。また購入にかかるガス代(手数料)も表示されます。ガス代は自分で調整できますが、そのままでも大丈夫です。できるだけ手数料を安くすませたいという場合は、こちらの記事を参考にしてください。購入を受け入れると、トランザクションが完了するまで、しばらく時間がかかります。
  10. トランザクションが完了したら、OpenSeaのプロフィール画面で購入したNFTが表示されているか確認しましょう。

その他のよくある質問

OpenSeaにMetaMask(メタマスク)を接続できないけど、どうしたらいいの?

OpenSeaとMetaMaskが上手く接続できない場合が多々あります。その場合には以下の対処方法を試してみてください。

  • ブラウザを終了する
  • キャッシュをクリアにする
  • インターネットに再接続する
  • OpenSea側による不具合の場合はしばらく待つ(Twitterなどで同様の人がいないか確認してみましょう)

OpenSeaにはアプリはある?

OpenSeaにはiOSとAndroid用のアプリがあります。

しかし注意点として、アプリからNFTを購入することはできません。アプリは閲覧のみ可能です。

おすすめ記事:NFTアートの購入方法をわかりやすく解説【簡単5ステップ】