CHAIN GRAPH(チェーングラフ) 日本最大級の仮想通貨とNFTの情報メディア

今話題の『NFT』とは何か?初心者にもわかりやすく解説

NFT

悩むネコ
悩むネコ

今話題のNFTってなに?完全初心者でもわかりやすいように教えてほしい!

このような悩みに答えます。

本記事の内容

  • NFTとは何か?
  • NFTの活用事例
  • NFTのメリット・デメリット

OpenSeaでNFTを購入・販売するにはイーサリアム(ETH)が必要

『NFTで稼ぎたい』という方は、コインチェックの口座を無料開設しておきましょう。初心者に1番おすすめの取引所です。

>>無料でコインチェックの口座開設をする

コインチェック

NFTとは?初心者向けに解説


NFTの概念をわかりやすく解説します。

NFTってなに?

NFTは英語で、「Non-Fungible Token」の略です。日本語訳すると「非代替性トークン」。

非代替=替が効かない、トークン=データや仮想通貨です。

つまりNFTとは簡単に一言で表すと
「唯一無二であることが証明されるデジタルデータ・資産」です。

非代替性ってどういうこと?

例えば、モナ・リザの絵って唯一無二の存在ですよね。

例え、そっくり再現されているものがあったとしても偽物として認定されます(偽物が本物として流通してしまうことはあると思いますが…)。これが非代替という意味です。

反対に代替可能性とは?

例えばあなたが普段使っている500円玉は、他の人の500円玉と交換しても全く同じ500円玉として扱いますよね。これを代替可能と言います。

NFTが進んでいるもの【活用事例】

NFT化が進んでいるものは以下です。
全てがデジタル上に存在するものであることが共通点です。

  • デジタルアート
  • SNSの投稿
  • 仮想空間上(メタバース)の土地
  • デジタルカードゲーム
  • ブロックチェーン上のアイテムなど
  • 音楽
  • 映像
  • アニメ

この中から、代表的なものを3つ紹介していきます。

その①:デジタルアート


NFTがもっとも多く活用されているのが『デジタルアート』ですね。

デジタル上の絵(画像)は簡単にコピーできるため、これまで価値がないものと思われていました。しかしNFTによってデジタル上の絵(画像)に唯一性を担保できるようになったため、現実のアートと同様に取引できるようになりました。

例えばこちらの画像データは、数千万円で取引されています。

歴史的な背景があったりすると価格が高騰するのですが、ここまで高値で取引されるNFT作品は稀です。それでもNFTアートに参入する人は増えており、急速で成長しています。

有名なNFTアートはなに?

  • CryptoPunks(クリプトパンクス)
  • Bored Ape Yacht Club(BAYC)
  • CoolCats(クールキャッツ)

このあたりの作品は、世界的に価値が認められています。
一作品、数千万円で取引されており、NFTを所有することで専用のコミュニティに参加することが可能になっています。

その②:ゲーム内でのNFTの活用(NFTゲーム)


こちらもNFTが多く活用されている事例です。

ゲームとNFTを組み合わせることにより、ゲーム内の通貨やキャラクター、アイテム等が売買できるようになります。最近では、ゲームをして稼ぐという意味の『Play-to-Earn』という言葉が流行ってたりしますね。

東南アジアなどでは、NFTゲームで生計を立てる人も増えてきているようです。

人気のNFTゲームは?


NFTゲームで代表的なのがAxie Infinity(アクシーインフィニティ)というゲームです。Axie Infinityはゲーム内で仮想通貨を入手できたり、NFTのモンスターやアイテムなどを売買できます。

特に平均収入の低いフィリピンでは、Axie Infinityをプレイして得た利益で生計を立てる人が出てきているほどの人気があります。

NFTゲームに興味がある方は以下の記事をどうぞ。

参考記事:無課金で稼げるNFTゲーム8選【無料で始められる】

その③:仮想空間上(メタバース)の土地


3つ目の活用事例は「メタバース上の土地」です。

シンプルに言えばメタバースの土地とは「データ」です。ただこのデータには希少価値があり、現実世界の土地と似ている部分がたくさんあります。
実際にVR空間があるので、体験してみましょう。
» 仮想空間(メタバース)を体験してみる

おすすめのメタバースプラットフォームは?

有名なのはこの辺です。どの土地への注目度も高く、土地の平均購入価格は1年で数倍以上値上がりしています。

これらのメタバースでは1区画から土地を購入できます。

そして、その土地はLAND(ランド)と呼ばれることが多いです。複数のLANDがまとまっている土地はESTATE(エステート)と呼ばれます。
よく使われる用語なので、覚えておいて損をしないと思います。

NFTのメリットとは?

NFTのメリットは以下のとおり。

  • その①:NFTは誰でも作成可能
  • その②:クリエイターの利益が大きい
  • その③:データに資産価値が付く
  • その④:破損や紛失のリスクがない

その①:NFTは誰でも作成可能

NFTは誰でも簡単に作れます。

NFTは自分で描いたアートであったり、Twitterのツイートなど簡単にNFT化することができます。あらゆるデジタルデータを簡単にNFTとして出品できるので、参入の敷居が低いといえます。

小学生が夏休みの自由研究に描いたイラスト「Zombie Zoo Keeper」が約380万円もの価値を持った事例もあります。素人でも出品したNFTがお金という形で評価される仕組みがあり、参入の敷居も低いことからNFTは注目を集めやすいといえます。

その②:クリエイターの利益が大きい

NFTは、クリエイターに対する利益が大きいことがメリットになります。

なぜならNFTマーケットで販売する手数料は低い上、またクリエイター自らがロイヤリティの設定ができるからです。
ロイヤリティとは:権利の使用料を指す言葉。二次流通の金額の一定割合がNFT作成者に対して支払われる。

簡単に言えば、古本を転売しても著者には1円も入りませんが、NFTの場合は”転売額の一部が著者に還元される”イメージです。ここがNFTの凄いところでもあります。

その➂:データに資産価値が付く

NFTの大きなメリットとしてデジタルデータに資産価値がついたことが挙げられます。

デジタルデータは簡単にコピーできることから、基本的には価値がないものとして扱われてきました。

しかし、画像をスクリーンショットでコピーをしても、所有者の情報まで複製できません。よって、コピーしたデータそのものに価値はなく、唯一、所有権の情報が刻まれているNFTは一点物の価値を持つようになりました。

NFTはいわば鑑定書のような役割を果たしています。

その④:破損や紛失のリスクがない

NFTはデジタルデータであるため、物理的に破損してしまうリスクがないのがメリットです。

実物の絵画などを保有する場合にには、破損や紛失など物理的な損害が考えられます。

実物資産と比較した際のNFTの独自のメリットといえます。

NFTマーケットプレイスとは?

NFTを売買する場所がNFTマーケットプレイスです。
NFTマーケットプレイスではだれでもNFTを販売・購入することができます。

OpenSeaなどが最大手のNFTマーケットプレイスとして有名ですね。

まとめ


記事の要点をまとめます。

NFTとは?

NFTとは「Non Fungible Token」の略です。
簡単にいうと「替えの効かないデジタル資産」。

NFTのメリットとは?

  • その①:NFTは誰でも作成可能
  • その②:クリエイターの利益が大きい
  • その③:データに資産価値が付く
  • その④:破損や紛失のリスクがない

解説は終わります。

この記事を読んだ97%は行動しない

この記事を読んだあなたは、少なからずNFTへの理解が深まったはずです。

試しにNFTを始めたら、SNSフォロワーも増加し、お金も月7桁以上稼げるようになった…。という人を僕は何人もみてきました。

97%の人は、ここで何もせずに終わってしまいますが、残りの3%のあなたは、この機にぜひ行動してみましょう。

記事を読み終えたら、コインチェックで口座開設&イーサリアムの購入だけは済ませておくといいでしょう。

>>無料でコインチェックの口座開設をする

コインチェック

上記のリンクから、NFTの世界へ一歩踏み出してみましょう。