MENU
お知らせ内容をここに入力できます。 詳しくはこちら

タクシー運転手がメーターを押し忘れたらどうなる?乗客にはいくら支払い義務がある?

  • URLをコピーしました!

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

タクシーでの移動は、私たちの生活において非常に便利な手段ですが、時には予期せぬハプニングが起こることもあります。

例えば、タクシーで目的地に着いたとき、運転手が「あれ、料金のメーターを押し忘れていました」と言ったらどうでしょう?

このような状況は決して珍しくなく、多くの乗客が人生で一度は経験するかもしれません。

しかし、こうした時、乗客はどのように対応すれば良いのでしょうか?そして、支払うべき料金は一体どれくらいになるのでしょう?

この記事では、タクシー運転手がメーターを押し忘れた場合の乗客の支払い義務について掘り下げていきます。このような状況に直面した際に慌てず、適切に対処できるようになることが目標です。

目次

タクシー運転手が料金メーターを入れ忘れる理由

タクシーを利用する際、料金メーターの起動は運転手の基本的な責務の一つです。

しかし、たまにメーターを押し忘れてしまうケースがあります。この章では、タクシー運転手がメーターを入れ忘れる理由について掘り下げていきます。

乗客との会話や目的地へのルートを確認することに気を取られた

タクシー運転手がメーターを入れ忘れる最も一般的な理由の一つは、乗客との会話や目的地へのルート確認に集中し過ぎてしまうことです。

乗客とのコミュニケーションはサービス業の重要な側面であり、特に交通状況の説明や目的地の特定などが必要な場合、これに専念しすぎてしまうことがあります。

このような状況では、運転手はメーターの起動を見落としてしまうことがあり、後になって「あ、しまった!」と気付くことになります。

疲労により頭がぼーっとしていた

もう一つの一般的な理由は、疲労です。

タクシー運転手は長時間にわたり集中を要する仕事をこなします。特に夜間や長時間勤務後には、疲労が蓄積し、運転手の注意力が低下します。

このような状態では、メーターを入れるという単純な動作を忘れがちになるのです。疲労は、判断力を鈍らせ、通常なら自動的に行うはずのルーチンを見落とす原因となります。

いつもと異なるルーティンや状況に直面した(例えば、急いでいる時等)

急ぐ乗客を早急に目的地に送り届ける必要がある場合や、通常とは異なる状況下では、運転手はメーターを入れることを二の次にしてしまうことがあります。

急ぎの状況や異常事態の場合は、運転手の通常の注意力を乱し、基本的なプロセスを飛ばしてしまう原因となり得ます。

メーターの故障や操作ミス

時には、メーター自体の技術的な問題や、新しいシステムへの不慣れさが原因で、運転手がメーターを正しく起動できない場合があります。

特に新しいタクシーに乗り換えたばかりの時や、システムがアップデートされた後などは、操作ミスが発生しやすいです。

新人のため仕事に慣れていない

新人運転手は、まだすべての業務フローに完全に慣れていないため、メーターを起動するという基本的な手続きを見落とすことがあります。

新人運転手は、乗車開始時に必要な一連の手続きを習慣化するまで、しばしばこの種のミスを犯すことがあります。

タクシー運転手がメーターを入れ忘れた場合に乗客はいくら支払い義務がある?

タクシー利用の際に起こり得るちょっとしたトラブルの一つに、運転手が料金メーターの起動を忘れるケースがあります。

多くの乗客にとって、このような状況はどのように対処すればよいのか、不安や疑問を抱かせるものです。

では、運転手がメーターを入れ忘れた場合、乗客は実際にどれだけの料金を支払う必要があるのでしょうか?

法的には距離分の金額を支払う必要がある

タクシー運転手がメーターを押し忘れていたとしても、法的な観点から見れば、乗客は実際に乗車した距離に基づいて料金を支払う必要があります。

タクシーに乗ること自体が、乗客と運転手(またはタクシー会社)間の旅客運送契約を結ぶ行為と見なされ、この契約に基づき運転手は乗客を目的地まで安全に送迎する義務があり、乗客はその送迎サービスに応じた代金を支払う義務が生じます。

「送迎に応じた代金」とは、具体的には乗車した距離や所要時間に応じて加算される料金のことを指します。

メーターの表示は、これらの料金を客観的に示すためのものですが、表示がない場合でも、乗車によって発生した実際の料金は存在します。従って、メーターの入れ忘れがあったとしても、乗客は送迎された距離に応じた料金を支払う義務があります。

一方で国交省が定める「一般乗用旅客自動車運送事業標準運送約款」では、通常は運賃及び料金は運賃料金メーターの表示額によるとされており、運転手側に過失がある場合、民法に基づく過失相殺が考慮される可能性もあります。

しかしながら、運転手側の過失があったにせよ、基本的には乗客は通常の運賃を支払う義務があると解釈されるのが一般的のようです。

実務上は必ずしも通常の料金が請求されるとは限らない

上記で説明したように、タクシー利用時に運転手が料金メーターを起動するのを忘れた場合、乗客が支払うべき料金は法的には距離に応じた金額と定められています。

しかし、実務上の対応は運転手によってケースバイケースで異なることがあります。運転手がメーターの起動を忘れた場合の実務上の対応は下記のとおりです。

目的地でメーターを倒し初乗り料金だけ払う:運転手の過失を考慮し、トラブルを避けるために、乗客が支払うのは初乗り料金のみとなるケースがあります。この方法は、特に短距離の移動でよく見られます。乗客にとっては最も負担が少ない方法です。

メーターを最初から倒していたと仮定して相当分を支払う:乗客と運転手が目的地までのおおよその距離や料金について合意し、その料金を支払う場合もあります。

上記よりも少し負けてもらった金額を支払う:運転手がメーターを入れ忘れたことに対する一種の補償として、通常の料金から少し割り引いた額を乗客が支払うことで合意することもあります。

法的な義務に基づく料金の支払いとは別に、実務上では双方にとって納得のいく形で料金が決定されることが多いです。

タクシー運転手がメーターを押し忘れた場合に関するよくある質問

タクシー利用中に運転手が料金メーターを押し忘れた場合についてのよくある疑問にお答えします。

乗客側が途中でメーターの入れ忘れに気づいた場合はどうすればいい?

乗客が途中でメーターの入れ忘れに気づいた場合、まずは運転手にその事実を優しく伝えることが重要です。

多くの場合、運転手は誤りを認め、すぐに対応してくれます。もし目的地に到着してから気づいた場合は、運転手と冷静に料金について話し合い、適切な解決策を見つけることが望ましいです。

料金について運転手と合意できなかった場合は?

運転手と料金について合意に至らない場合、タクシー会社に直接連絡を取り、事態の解決を求めることが一つの方法です。

多くのタクシー会社はこのような事態に対応するためのガイドラインを持っています。また、適切な対応が得られない場合は、地域の消費者センターや交通局に相談することも考慮すると良いでしょう。

これらのFAQは、タクシー運転手がメーターを押し忘れた場合の対応について、乗客が持つ一般的な疑問に答えるためのものです。

事前にこれらの情報を知っておくことで、万が一の状況に遭遇した際にも適切に対処することができるでしょう。

まとめ

タクシー運転手がメーターを押し忘れる状況は、たまに起こりうるものですが、このような場合に備えて知っておくべきポイントをまとめておきましょう。

  • メーターの入れ忘れに気づいたら:できるだけ早めに、そして穏やかに運転手にメーターの起動忘れを伝えましょう。大半の運転手はすぐに対応してくれます。
  • 料金についての合意:もし運転手と料金について合意に至らない場合、タクシー会社に連絡して事態の解決を求めることが推奨されます。
  • 実務上の対応は様々:運転手と乗客の合意によって、初乗り料金のみを支払う、通常の相当分を支払う、少し割引を受けるなど、様々な解決策が取られることがあります。

これらのポイントを抑えておくことで、タクシー運転手がメーターを押し忘れた際にも、冷静かつ適切に対応することができるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次