CHAIN GRAPH(チェーングラフ) 日本最大級の仮想通貨とNFTの情報メディア

【解決】OpenSeaでNFTを非表示・再表示する方法!【オープンシーの解説】

NFT

悩むネコ
悩むネコ

OpenSeaに知らないNFTアートが表示されてるけど、エアドロされたのかな?
あまり好みではないし、何だか怖いから非表示にしたいな。

このような悩みに答えます。

本記事では、OpenSea(オープンシー)のプロフィール画面に表示されているNFTを非表示にする方法、また再表示させる方法について解説します。

本記事の内容

  • OpenSeaでNFTを非表示にする方法
  • NFTを再度表示させる方法

OpenSeaでNFTを購入・販売するにはイーサリアム(ETH)が必要

『NFTで稼ぎたい』という方は、コインチェックの口座を無料開設しておきましょう。初心者に1番おすすめの取引所です。

>>無料でコインチェックの口座開設をする

コインチェック

OpenSea(オープンシー)でNFTを非表示にする方法

手順

  1. OpenSea公式サイトに移動し、ウォレットを接続。ほとんどの方はMetaMaskかと思います。
  2. プロフィール画面に移動。
  3. ページの左中央の[Collected]を選択すると、所持しているNFTが表示されます。
  4. NFTアートの左下にある『…』をクリック。
  5. オプションメニューから『Hide』を選択。
  6. 『Hide』を選択すると、青い枠で囲まれます。複数のアイテムを非表示にしたい場合は、ここで複数のアイテムを選択することができます。
  7. 画面右下に『Hide』ボタンをクリック。わかりにくいところにあります。
  8. メタマスクが開くので、『署名』をクリック。

これで非表示は完了です。もしうまくいかない場合には、ウォレットの接続を解除してから再接続してみてください。

NFTを非表示にしたからといって、削除されるわけではない

NFTを非表示にしても、NFT自体が削除されるわけではありません。したがってOpenSeaのプロフィール画面には表示されなくなりますが、個人のウォレット内には存在し続けます。

OpenSeaでNFTを非表示にしていない場合、他のユーザーがプロフィールをクリックして、所有しているNFTを確認することができます。ただし自分の資産状況や、趣味嗜好を知られたくないという場合もあるでしょうから、その場合には非表示にすることをおすすめします。

またNFTはブロックチェーン(OpenSeaの場合はEthereumブロックチェーン)上のスマートコントラクトを使用して存在します。つまりEtherscan(ETHのトランザクションを確認できるサイト)などでは引き続き表示されます。そのため完全に『非表示』にすることは困難といえるでしょう。

OpenSea(オープンシー)で非表示にしたNFTを再表示させる方法

非表示にしたNFTアートを再表示させる方法についても解説しておきます。手順はほぼ同じです。

  1. プロフィール画面をひらいて『Hidden』をクリック。
  2. NFTアートの左下にある『…』をクリック。
  3. オプションメニューから『Unhide』を選択。
  4. 『Unhide』を選択すると、青い枠で囲まれます。複数のアイテムを表示させたい場合は、ここで複数のアイテムを選択することができます。
  5. 『Unhide』ボタンをクリック。

これで非表示していたものを表示させることができます。

解説は以上になります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

おすすめ記事:NFTアートを販売する方法をわかりやすく解説【失敗しない5ステップ】