CHAIN GRAPH(チェーングラフ) 日本最大級の仮想通貨とNFTの情報メディア

MetaMaskでPolygonネットワーク(MATIC)に接続する方法【メタマスクの解説】

CRYPTO

悩むネコ
悩むネコ

メタマスクにポリゴンチェーンを追加する方法が分からない…。やり方を教えてほしいよ。

このような悩みに答えます。

本記事では、MetaMask(メタマスク)にポリゴンチェーン(Matic)を接続する方法ついて解説します。

本記事の内容

  • メタマスクにポリゴンネットワークを追加するメリット
  • MetaMask(メタマスク)にポリゴンチェーン(Matic)を接続する方法

※MetaMaskウォレットを作成している前提の記事になります。MetaMaskウォレットの作成がまだの方は下記の記事を参考にしましょう。:メタマスクウォレットを作成する方法【もっとも簡単な解説】

それではさっそく解説していきますね。

OpenSeaでNFTを購入・販売するにはイーサリアム(ETH)が必要

『NFTで稼ぎたい』という方は、コインチェックの口座を無料開設しておきましょう。初心者に1番おすすめの取引所です。

>>無料でコインチェックの口座開設をする

コインチェック

MetaMask(メタマスク)にポリゴンネットワーク(Matic)を追加するメリット

メリットは以下のとおり。

  • PolygonベースのNFTを、OpenSeaやその他のNFTマーケットプレイスで購入することが可能。
  • メタマスクでMATICを送受信可能。
  • MATICをUniswapなどの分散型取引所(DEX)で別のトークンと交換することが可能。

またPolygonベースのNFTを無料でミント(販売)していることもあります。そのため『NFTを無料でゲットしたい!』という方はポリゴンネットワーク(Matic)をメタマスクに追加しておくのがオススメですよ。

例えば2022年2月6日、6969体限定のイーロンパンクのコレクションが無料でNFTをミントしました。このイーロンパンクのNFTをゲットするには、メタマスクにポリゴンネットワークを追加する必要があります。

他にも無料でNFTをミントしている機会はあるので、探してみるのもアリですね。無料でゲットしたものでも、場合によっては馬鹿にならない価値が付く時もあります。

ポリゴン(MATIC)ネットワークをMetaMask(メタマスク)に追加する手順

ステップ1:[ネットワークの追加]をクリック

まずメタマスクウォレットを起動し、ネットワーク選択のドロップダウンメニューをクリックします。次に、[ネットワークの追加] ボタンをクリックしましょう。

ステップ2:必要情報の入力

カスタムネットワークを追加するためのウィンドウが開きます。

すべての必須項目を入力します。Polygonメインネットを使用するには、次の情報を入力してください(コピペ推奨)。

  • ネットワーク名:Matic Mainnet(Polygon)
  • 新しいRPC URL:https://polygon-rpc.com
  • チェーンID :137
  • シンボル: MATIC
  • ブロックエクスプローラーURL:https://explorer.matic.network/

※ Polygon公式ブログからの情報なので安心安全です

これにより、ポリゴンネットワークがメタマスクに追加されます。

ポリゴンネットワークが正常に追加されたことを確認するために、MetaMaskウォレットに移動します。移動するとメタマスクウォレットに、MATICの残高とともにMATICアイコンが表示されます。

あるいはネットワーク選択のドロップダウンメニューをクリックして確認することもできます。そこに「Polygon mainnet」と表示されていれば、正常に追加されています。

まとめ

以上、ポリゴンネットワークをMetaMaskウォレットに追加する方法についてでした。

なおMetaMaskウォレットの「イーサリアムネットワーク」に切り替えたい場合は、ネットワーク選択のドロップダウンメニューをクリックして「イーサリアムメインネット」を選択してください。

解説は以上になります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

おすすめ記事:NFTアートの購入方法をわかりやすく解説【簡単5ステップ】