CHAIN GRAPH(チェーングラフ) 日本最大級の仮想通貨とNFTの情報メディア

NFTゲームとは?始め方や注目を集めている理由を徹底解説

GAME

悩むネコ
悩むネコ

NFTゲームっていったい何?
NFTゲームが注目されている理由が知りたい。
NFTゲームの始め方を知りたい。おすすめのNFTゲームはある?

このような悩みに答えます。

本記事の内容

  • NFTゲームとは
  • 注目のNFTゲームは?
  • NFTゲームの始め方・稼ぎ方
  • NFTゲームの課題

この記事を書いている僕は、完全初心者からNFTゲームを始めました。
難しいポイントが多かったので、出来るだけわかりやすく解説していきます。

NFTを購入・販売するにはイーサリアム(ETH)が必要

『NFTゲームで稼ぎたい』という方は、コインチェックの口座を無料開設しておきましょう。初心者に1番おすすめの取引所です。

>>無料でコインチェックの口座開設をする

コインチェック

NFTゲームとは?

NFTゲームの特徴を大きく以下の5つです。

特徴

  1. ブロックチェーン技術が使われている
  2. ゲーム内のキャラやアイテムなどのデジタル資産の保有が可能
  3. Play-to-Earn(ゲームをプレイしてお金が稼げる)
  4. NFTマーケットの急拡大により追い風となっている
  5. ゲームがサービス終了しても資産としてデータは残る

NFTゲームというのは、簡単に言うと、ブロックチェーンを活用した稼げるゲームのことを指します。

また際立った特徴として、ゲーム内のアイテムやキャラクターなどが、NFTとして管理され、資産としての価値を持つようになる点です。普通のゲームであれば、ゲットしたキャラやアイテムに金銭的な価値は一切ありませんよね。ここがNFTゲームの面白い点でもあります。

上記の特徴について、それぞれ解説していきますね。

①:ブロックチェーン技術が使われている

NFTゲームとは、ブロックチェーン技術を利用したゲームのこと。別名ブロックチェーンゲームとも呼ばれ、ブロックチェーン技術を用いたことで従来のゲームの問題点を解決することが可能になりました。

例えば、従来のゲームではデータの改ざんがたびたび問題になりますが、ブロックチェーン技術の特性上、NFTゲームではデータの改ざんは困難となります。

②:ゲーム内のキャラやアイテムなどのデジタル資産の保有が可能

NFTゲーム内のデータはすべてNFT化されています。例えば以下のものがNFT化されています。

  • キャラクター
  • アイテム
  • 土地

これが何を意味するかというと、例えば従来のゲームではゲーム内のアイテムやキャラクターはただのデジタルデータに過ぎませんでした。

しかし、ここにブロックチェーンの技術が加わることでゲーム内のアイテムやキャラに現実の資産と同じように価値を持たせられるのが特徴です。

なので、レアなアイテムやキャラクターであればあるほど、マーケットプレイスで高額で取引することが可能になります。また売却したゲーム通貨を取引所を通じて日本円に換金することも可能です。

補足:異なるゲーム間でデータの共有も可能

NFTゲームとして公開されているものの中には、その他のゲームと互換性を持つものがあり、ゲーム内のデータが共有できたりします。
例えばAというゲームでスニーカーのNFTを持っていたら、BというゲームでもそのスニーカーのNFTが使用できるというイメージです。
とはいえ、NFTゲーム自体の歴史が浅いことから、データ共有ができるゲームはそこまで多くありません。今後のNFTゲームの成長と発展に期待しましょう。

➂:Play-to-Earn(ゲームをプレイしてお金が稼げる)

冒頭でも解説したように、NFTゲームではお金を稼げます。主に3通りの稼ぎ方があります。

  1. ゲームをプレイしてお金を稼ぐ(バトルに勝利・デイリークエスト達成等)
  2. レアなキャラクターやアイテムをゲットして、高値で売却
  3. レアなキャラクターやアイテムを貸し出して収入を得る

最初にアイテムやキャラクターに課金をして、NFTをゲットすることにより有利にゲームを進められることが多いです。

またNFTというのは、非代替性トークンですので、コピーや偽物を作成することができません。これにより、

  • 珍しいアイテム
  • 強いキャラクター

などは高額で取引されやすく、大金を稼ぐことも可能になるのです。

④:NFTマーケットの急拡大により追い風となっている

NFTの技術は2018年頃から活用され始めましたが、話題に挙がるようになったのは2021年に入ってからです。NFTマーケットは現在追い風を受けており、2021年時点で220億ドルを超える市場へと急成長しました。

特に2020年から続く巣ごもり需要により、ゲーム市場全体が活性化している状態です。NFTはe-Sportsへの参入にも期待されているため、今後も市場規模の拡大が大きく期待されています。

➄:ゲームがサービス終了しても資産としてデータは残る

従来のゲームで考えましょう。

例えば人気ソーシャルゲームのパズドラであれば、パズドラというゲームのサービスが廃止になれば、いくらレアなキャラクターを保有していようと、そのデータは消えてしまいます。

しかし、NFTゲームの場合、ゲーム内のデータがNFTとして価値を持っており、資産化されているためゲームのサービスが終了しようともデータとしての価値は残り続けます。

視点を変えると、従来のゲームではゲームのデータの所有権は運営側にありましたが、NFTゲームであればデータの所有権はユーザー側にあるという見方もできます。

NFTゲームの稼ぎ方

NFTゲームを始めるにあたって、本当に稼げるのか?という点が一番気になると思います。

結論から言うと、ゲームにもよりますが稼げるチャンスは十分あります。

※前提としてNFTゲームは基本的に初期投資がかかります。最初に投資した額に比例して収益は上がりますが、まずは良く調べてからゲームを始めましょう。

NFTゲームで収益を上げる基本的な方法としては、

  • ゲーム内で一定のノルマを達成することで、ゲーム内通貨を手に入れる
  • ゲーム内の希少なキャラクターを手に入れ、高額で売る
  • 初期投資の必要なゲームにおいてキャラクターを貸し出して収入を得る

などがあります。それぞれ簡単に解説します。

ノルマを達成することで、ゲーム内通貨を手に入れる方法

簡単に言えば、従来のゲームで言う「デイリークエスト」のようなもの。これをクリアすることで、日々一定の収益が見込めます。(初期投資額に依存する)

※下記のツイートのイメージ

こちらはSTPENというゲーム。ゲーム内の仮想通貨であるGSTを毎日歩くことで獲得できます。上記は22000円ほど1日で稼いでいますね。
注意:STPENは特に稼げるゲームとして注目されていますが、その分初期投資額も必要になります。よく検討して買いましょう。

希少なキャラやアイテムやキャラを手に入れ高額で売る方法

これはシンプルな方法で、ゲーム内のキャラやアイテムはNFT化されており、データの改ざんが不可能になっています。

なので、当然現実の資産と同じように希少なキャラにはそれだけ高値がつきます。

ゲーム内のキャラの入手方法は多岐に渡りますが、レアリティが高く、高額で取引されるキャラはそれだけ入手が難しく、大体は大金を払わないと手に入りません。
ゲームが注目される前に安い価格でNFTを購入しておき、高騰したタイミングで売却するのがセオリーです。一般的な投資と同じです。

スカラーシップ制度で稼ぐ

最後に、キャラクターを貸し出して収入を得る方法です。

アクシーインフィニティというゲームの「スカラーシップ」という制度が代表的です。まず、基本的にNFTゲームで収益を上げる場合、初期投資は必要不可欠です。

しかし、「ゲームを始めるための初期投資額が準備できない…」という方もいるはず。
そこで、このスカラーシップでは、初期投資0でキャラクターを借りてゲームを始められる代わりに、キャラクターを貸し出してくれる人にゲーム内で得た報酬の一部を払うという制度。

貸し出す側は何もしなくても収益が入る。貸してもらう側はNFTを初期投資がなくてもゲームで稼げる。両者ともWin-Winですね。

https://twitter.com/8Nuc2x8vD9mITQo/status/1470888050708578307?s=20&t=ztJNvQE1DVMjDyDVLZnDDQ

現在、この制度は「アクシーインフィニティ」というゲームで主流ですが、初期投資がほぼ必須のNFTゲームにおいて、別のゲームで登場する確率は十分ありそうです。

おすすめNFTゲーム10選【NFTゲーマーが選ぶ】

ここからはNFTゲーマーでもある僕が選んだおすすめNFTゲームを10個紹介します。分かりやすくまとめました。

スピードスター ~競馬場経営シュミレーションゲーム~

特徴

  • Work to earnのゲーム形態
  • 4つの役職があり、稼げる
  • 馬には5つのレア度がある
  • 馬を持たなくても(無料で)プレイ可能
  • Harmonyチェーン上のブロックチェーンゲーム

スピードスターはHarmonyチェーンで遊べるNFTゲーム。

ジャンルは競馬場経営シミュレーションゲームで既にゲームリリースされており、馬を育成したり施設を拡充したり、レースに出場して大会報酬を得たり。競馬場経営に携わるだけではなく、観客として競馬への賭けに参加もできます。

このゲームの最大の特徴は、「Play To Earn(遊んで稼ぐ)」ではなく「Work and Play To Earn(仕事と遊びで稼ぐ)」であること。従来のNFTゲームとは大きく異なります。

従来のNFTゲームの懸念点を大きく改善する可能性のあるゲーム。ゲーム内でも職業がジョッキー、トレーナー、ブリーダー、セラピストと4つの遊び方があるのも大きな特徴。

スピードスターの公式情報

スターアトラス ~圧巻グラフィックのSF戦略ゲーム~

特徴

  • 圧倒的なグラフィック
  • DACによるリアルな抗争
  • 豊富なコンテンツ
  • ガス代が安い
  • VR対応

スターアトラス(Star Atlas)とは、600年後の2,620年の宇宙空間を舞台とするSF戦略ゲーム。

映画並みのグラフィック映像に加え、DACによりゲームバランスはプレイヤーが握るという今までにないブロックチェーンゲームです。スターアトラスのゲーム詳細を見ましたが、紹介ページですら他のNFTゲームに比べクオリティーが高いです。

スターアトラスの公式情報

Crypto Spells ~初心者向けトレーディングカードゲーム~

特徴

  • 無課金でも始められる(ある程度なら収益を上げられる)
  • 所有するカードをマーケットで自由に売買できる
  • カード発行権を獲得するとオリジナルカードを発行できる

Crypto Spellsは2019年6月25日にリリースされた日本最大級のNFTゲーム。

ブラウザやスマホアプリでプレイ可能です。無料で始められ、入手したカードは資産になるので、NFTゲームの入門としてもおすすめできます。

ただし無課金ではレアカードを手に入れにくいので、レアカードを手に入れたい場合は課金用の通貨としてイーサリアムを用意しておくことを推奨します。クリスぺはNFTゲーム初心者におすすめのゲームです。

クリスぺ公式情報

タイタンハンターズ ~銃撃乱射のサバイバルゲーム~

特徴

  • 銃撃乱射のMMORPGゲーム
  • まだリリース直後で新しく穴場のゲーム
  • 10~30分と1プレイにはやや時間がかかるが面白い
  • 無料プレイが可能

無料でも十分楽しめる銃撃戦ゲーム。

まだリリースして間もなく、NFTゲームの中でも面白さでいうとトップクラス。
個人的には人気ゲームのブロスタに似ていると感じました。Play to earnゲームであり、先行投資をすることでゲームをプレイしながらお金を稼ぐことが可能です。無料プレイも可能なため、初心者でもすぐにゲームを始められます。

攻撃よりも避けるのが大切なゲーム。ゲームモードが増えていく予定で、稼げる幅が今後広がっていきます。ゲーム自体も面白いので期待は膨らみます。

タイタンハンターズの公式情報

The Sandbox ~注目のメタバース体感ゲーム~

特徴

  • 3Dのオープンワールド内で自由に遊べる
  • ゲーム内の土地を不動産のように取引できる
  • ゲーム内でNFT作品を作って収益化が可能

The Sandboxは仮想空間「メタバース」内でユーザーが自由に行動でき、建築やオリジナルゲームの作成が可能です。ゲームの内容は日本でも有名な「マインクラフト」と非常に似ています。

またプラットフォーム内で通貨として使用されるトークンは「SAND」になります。

スクウェア・エニックスの出資を受けて2020年に日本への本格的な参入が始まりました。ソフトバンク社も105億出資しています。今後どんどん発展していく予感がしますね。

メタバースゲームの王様的な存在で、個人的には、Sandbox内で新しい職業が誕生するのではと予想しています。

The Sandboxの公式情報

My Crypto Heroes ~古参型MMORPGゲーム~

特徴

  • 基本プレイ無料の国産NFTゲーム
  • PvPで勝利するとブロックチェーンアセットを獲得
  • 4つの環境で収益化できる「士農工商モデル」

My Crypto Heroesは2018年に国内でリリースされたMMORPGです。ユーザー同士の対戦やクエストのクリア、アート作品の販売などでゲーム内通貨GUMを獲得できます。

無料でプレイできますが無課金で稼ぐことは厳しく、稼ぐならレアキャラやアイテムへの投資が必要です。

日本のゲーム会社が作ったゲーム。僕も遊びましたがドラクエ感があり、戦略性も問われるためなかなか面白いです。

マイクリの公式情報

エグリプト ~大注目のモンスター育成型RPG~

特徴

  • 無料で始められる
  • 独特の世界観
  • 単純で分かりやすいゲーム性

EGGRRYPTO (エグリプト)は無料で簡単に始められるブロックチェーンゲームです。

誰もが知る有名企業であるGameWithとKYUZANによって制作されており、初心者におすすめなゲームになっています。

他のNFTゲームとは違いすぐに始めれられることや、無料なのにゲームのクオリティが高く楽しめるところがおすすめです。国産のゲームで日本語対応なので、初心者にも安心です。

エグリプトの公式情報

イルビウム ~グラフィックとゲーム性に優れたRPGゲーム~

特徴

  • 圧巻のグラフィックとゲームの面白さ
  • リリース前にも関わらず絶大な人気
  • play to earnを導入しており、お金を稼ぐことが可能
  • 無料で始める事も可能で、稼ぐよりも楽しむを掲げる

イルビウムはオープンワールドのRPGゲーム。「Play to earn」が導入されており、ゲームをプレイして稼ぐことが可能になっています。

イルビウムはフリープレイ可能で無料でゲームをプレイできますが、稼ぐには課金が必須になります。

圧巻のグラフィックとゲーム性の面白さはピカイチ。リリース前にも関わらず、すでにNFTゲームの中では絶大な人気を誇っています。

まだリリース前のゲーム(リリースは2022年春予定)なので先行参入は可能です。

個人的にヒットするゲームかなと注目しています。ゲームリリースを教えてくれる簡単な登録もあるので、チェックしておきましょう。

イルビウムの公式情報

BombCrypto(ボムクリプト) ~放置系BTCゲーム~

特徴

  • 放置でヒーローを稼働させてBCOINを稼ぐ「Play to Earnゲーム」
  • ガチャを引くためのが必要
  • Twitterのフォロワー19万人の信頼度

ボムクリプト(BombCrypto)は、放置で報酬を得られるブロックチェーンゲーム。

2022年1月には、「30日間で多くのユーザーを獲得したゲーム」の2位にランクインするほどの勢いを見せています。

放置で稼げるというのが画期的ですね。ただ、初期費用は必要になるのでその点は注意が必要になります。

BombCrypto(ボムクリプト)の公式情報

Sorare(ソラレ)

f:id:Dokusyoseinen:20220221004124p:plain

特徴

  • 選手の活躍がゲームスコアに影響する
  • イーサリアムのウォレットでカードの取引が可能
  • 成績上位者にはイーサリアムが付与される

Sorareはフランス発のサッカーカードゲームで、2021年8月10日からCoincheck NFT(β)での取り扱いが開始されました。

Coincheck NFT(β)に登録することで、誰でもゲームを始めることができます。

各国のクラブチームから実在する選手を5名ピックアップしてチームを作成し、ユーザー同士でスコアの高さを競うゲームです。

Sorare最大の魅力として、実際の試合で選手が活躍すると、それに連動して高スコアを狙えるという点が挙げられるでしょう。

Sorare公式情報

Decetlarand ~メタバース空間共有ゲーム~

Decentralandとは2015年に創設された「イーサリアム(Ethereum)」ブロックチェーンをベースとしたバーチャルリアリティプラットフォームです。

Decentraland内の仮想空間でゲームをしたり、アイテムやコンテンツを作成し、売買することが可能です。(上記の写真の通り)

僕もプレイしましたが、とにかく他人の作品に圧倒されます。ただ、若干グラフィックが課題なような感じはしました。メタバースゲームの先駆者なのでやってみる価値はあるでしょう。

Decentlarandの公式情報

NFTゲームに残された課題とは?

NFTゲームのプラス面ばかりにフォーカスしてきましたが、ここではNFTゲームに残された課題について詳しく解説していきます。

クオリティが低い

NFTゲームというのは、一般的なゲームに比べるとまだクオリティが低いように感じます。

実際に、NFTゲームで生計を立てているプレイヤーあるいは、副収入を得ているプレイヤーの中には、「ゲーム自体は面白くないが、単にお金を稼げるからやっている」という方もたくさんいます。

娯楽として楽しむだけであれば、一般的なコンシューマーゲームなどを選んだ方が良いかもしれないです。

ただし、NFTゲームには「稼げる」という他のゲームにはない魅力が詰まっていますので、少しでも興味を持っている方は一度プレイしてみると良いでしょう。
クオリティに関しては、大手ゲームメーカーが参入してきているので、将来的には上がっていくと思います。

法整備が整っていない

NFTゲームに限らず、NFTは最先端の技術であるがゆえに、法整備が追い付いていません。

NFTゲームで所有しているキャラクターやアイテムは税金面での取り扱いは明確化されていないため、税金面でのトラブルが発生しやすいと言えるのです。

始めるまでの準備・ハードルが高い

通常のゲームであれば、ゲーム機を購入して、スイッチを入れるだけで始めることができますよね。

しかし、NFTゲームの場合は、

  • メタマスクの準備
  • イーサリアムの購入
  • アカウントの連携

など、ゲームを始めるまでにやることがたくさんあります。

NFTや仮想通貨に投資をした経験がある方であれば、比較的スムーズに始められるかもしれませんが、全く仮想通貨に触れたことがない方の場合は、なかなかハードルが高いのではないでしょうか。

NFTゲームの始め方

NFTゲームを始める前にいくつか準備が必要になります。下記記事で詳しくまとめていますので参考にしてみてください。

【遊んで稼ぐ】無料でNFTゲームを始める方法をわかりやすく解説【ブロックチェーンゲーム】

【完全版】メタバースの始め方・やり方を徹底解説【初心者でも稼げる】

まとめ

NFTゲーム最大の特徴は、「お金を稼げる」ということです。

これまでのゲームは、娯楽として扱われていたため、ゲーム内で作成したアイテムやキャラクターを売買して日本円に換金することは不可能でした。

しかし、NFTゲームの場合はキャラやアイテムを売買したり、ゲーム内で条件をクリアすることによって、お金を稼げるようになるのです。

法整備の問題や始めるまでのハードル、それからクオリティの問題など、様々な課題が残されていますが、今後少しずつこれらの問題も解消されていくと言われていますので、興味がある方は是非一度プレイしてみると良いでしょう。迷ったらまずは行動です。

NFTゲームを楽しみたい方は先に口座開設を済ませておきましょう

NFTゲームやNFTの購入にはコインチェックでの口座開設がオススメです。
無料で口座開設ができるので「コインチェック 」サクッと済ませましょう!

>>無料でコインチェックの口座開設をする

コインチェック 口座開設の手順は下記を参考にしてください。
参考記事:【簡単5分】コインチェックで口座開設する方法【5ステップで解説】