CHAIN GRAPH(チェーングラフ) 日本最大級の仮想通貨とNFTの情報メディア

【完全版】メタバースの始め方・やり方をわかりやすく解説する【初心者でも稼げる】

METAVERSE

悩むネコ
悩むネコ

メタバースの始め方・やり方を知りたいな。
最近はメタバースが話題になっているけど、具体的にどう始めればいいの?
おすすめのプラットフォームはどこ?

このような悩みに答えます。

本記事の内容

  • メタバースの始め方を徹底解説する
  • メタバースを始めるためのプラットフォーム
  • メタバースでできること
  • メタバースの始め方に関するQ&A

この記事を書いている僕は、完全初心者からメタバースを始めました。
難しいポイントが多かったので、出来るだけわかりやすく解説していきます。

稼ぎたいなら仮想通貨取引所の口座は必須

稼いだ通貨を日本円に換金する場合は、仮想通貨取引所の口座が必要となります。完全初心者には操作がシンプル&手数料無料の国内仮想通貨取引所『コインチェック』がおすすめです。

>>無料でコインチェックの口座開設をする

コインチェック

メタバースの始め方を徹底解説【簡単5ステップ】


メタバースを始めるためには、下記の5ステップです。

  • 手順①:コインチェックで口座開設
  • 手順②:メタバースアカウントを作る
  • 手順③:メタバース内の通貨を購入する
  • 手順④:プラットフォームに入る
  • 手順⑤:VR機器を購入する ※必要な人のみ

ステップ①:コインチェックで口座開設する

まずは暗号資産取引所で口座開設しましょう。
個人的に、国内取引所は「Coincheck(コインチェック)」がオススメです。

なお、コインチェックではコンビニ決済や銀行振込ができ、取引も簡単でわかりやすいです。日本最大手&無料開設できるので、損をすることはありません。

>>無料でコインチェックの口座開設をする

コインチェックの口座開設手順

コインチェックの口座開設の手順については、以下の記事で解説しています。
【簡単5分】CoinCheck(コインチェック)で口座開設する方法【5ステップで解説】

コインチェック

メタマスクウォレットを作成しよう

MetaMaskウォレットとは、仮想通貨を保管するための『お財布』のようのものです。
メタバースで遊ぶには「通貨」が必要になることが多く、その通貨をウォレット内に保管します。

なお、メタマスクウォレットの作成は下記にて解説しています。
参考記事:メタマスクウォレットを作成する方法【もっとも簡単な解説】

ステップ②:メタバースアカウントを作る

続いてメタバースアカウントを作っていきましょう。
具体的には、下記の手順です。

  1. 好きなメタバースプラットフォームを選ぶ
  2. 選んだプラットフォームのアカウント作成

お好きなプラットフォームを選び、アカウントを作っていきましょう。
なお、初心者におすすめのプラットフォームは下記のとおりです。解説記事も載せておきます。

おすすめのメタバースプラットフォーム

ステップ③:メタバース内の通貨を購入する

次にメタバース内の通貨を購入していきます。

メタバースには「ゲーム内通貨」が設定されているケースが多く、少額でも良いので持っておくと便利にゲームが進みます。

ゲーム通貨を購入する手順

初めは数千円くらいの少額でOK。
メタバース内での『経済活動』という貴重な体験につながるので、まずは経験として購入してみましょう。費用は後から回収できますよ。

ステップ④:プラットフォームに入る

最後にプラットフォームに入り、仮想空間を楽しみましょう。

遊び方や操作方法に関しては、ゲーム内のチュートリアルに沿って覚えればOKです。メタバースでは現実の世界と同じように経済活動をしたり、買い物や旅行などさまざまなことができますよ。

ステップ⑤:VR機器を購入する ※必要な人のみ

メタバースをやり込みたい方は、専用のVR機器を購入しましょう。
VR機器を使えばよりメタバースの臨場感を味わえるでしょう。

下記はMeta Quest 2 (Oculus Quest 2)というVRゴーグルです。Oculusは本格的なVR体験ができることから、圧倒的な人気とシェアを誇る製品です。
迷っている方は、下記の商品を購入しておけば間違いないでしょう。

メタバースのおすすめプラットフォーム4選


おすすめのメタバースプラットフォームをご紹介します。

その①:The Sandbox(サンドボックス)

f:id:Dokusyoseinen:20220221004512p:plain

特徴

  • 3Dのオープンワールド内で自由に遊べる
  • ゲーム内の土地を不動産のように取引できる
  • ゲーム内でNFT作品を作って収益化が可能

The Sandbox(ザ・サンドボックス)はマインクラフトのようなゲームで、ブロックを組み合わせて景観を自由に作って楽しむことができるゲームです。

ゲーム内の土地や不動産、アイテムを作って販売したり貸し出しをすることでマネタイズすることが可能です。ただし取引には仮想通貨の「SANDS」が必要です。

始めたみたい方はこちらの記事をどうぞ。
参考記事:【完全版】The Sandbox(サンドボックス)の始め方をわかりやすく解説

The Sandboxの解説動画

その②:Decentraland(ディセントラランド)

特徴

  1. ブロックチェーン技術を活かしたVR空間
  2. ゲーム内の土地などNFT化されたアイテムの売買
  3. 他のNFTゲームとのアイテム相互利用 ※1番の特徴

Decentralandとは、イーサリアムチェーンを基盤としたメタバースゲームです。
仮想空間で、NFT化されたLAND(土地)を所有し、その上で自らのアバターを操り、ゲーム内通貨である『MANA』を稼いだり、他のユーザーと自由に交流しながら楽しめるという内容です。

大きな特徴としては、一部のNFTアイテムを別のゲームでも利用できる点にあります。
これはメタバース経済圏が発展していく上で最も重要な要素であり、Decentralandはその先駆者です。

始めたみたい方はこちらの記事をどうぞ。
参考記事:【最新】Decentraland(ディセントラランド)のもっとも簡単な始め方・遊び方

Decentralandの解説動画

その➂:Cluster(クラスター)

特徴

  1. スマートフォンやPC、VR機器など様々な環境からVR空間に参加できる
  2. イベント開催に適した機能を揃えたプラットフォーム
  3. 企業や個人ユーザーが作ったワールドが多く用意され、自由に遊べる

cluster(クラスター)は、国産のメタバースプラットフォームです。
従来のメタバースプラットフォームと異なるのは、cluster (クラスター)はiPhoneやAndroidなどのスマホからVRのワールドやイベントに参加することができる点です。

ユーザーは、バーチャル空間に入り、ワールド内でコミュニケーションをとったり、VR音楽ライブやセミナーなどのイベントに参加することができます。

始めたみたい方はこちらの記事をどうぞ。
参考記事:【メタバース】cluster(クラスター)の始め方・使い方を解説

クラスターの解説動画

その④:Axie Infinity(アクシーインフィニティ)

特徴

  • 数あるNFTゲームの中でも特に人気が高い
  • ゲームをプレイすることでお金を稼ぐことができる
  • 東南アジアではAxie Infinityをプレイして生活を送っている人もいる

Axie Infinity(アクシーインフィニティ)とは、遊びながらお金を稼ぐことができるNFTゲームです。
数あるNFTゲームの中でも非常に人気が高く、1日のアクティブユーザー数が280万人を超えるなど、大きな盛り上がりを見せているゲームとなっています。

ゲーム内でAxie(アクシー)というモンスターを戦わせる対戦型のゲームとなっており、成績によってSLP(Smooth Love Potion)という通貨を獲得することができます。
完全初心者でも月数万円ほどは稼げるため、非常におすすめのゲームです。

始めたみたい方はこちらの記事をどうぞ。
参考記事:【初心者向け】Axie Infinityの始め方【稼ぎ方も解説】

アクシーの解説動画

メタバースのやり方・できること

メタバース空間でできることを紹介します。

  • メタバース空間をプレイする
  • メタバース空間でアイテムなど(NFT)を作成する
  • メタバース空間で働く
  • メタバース上の資産(土地など)に投資して稼ぐ

メタバース空間をプレイする

メタバースプラットフォームは、それぞれのプラットフォームで独自の世界観を構築しています。
メタバース空間では、自身のアバターを作成して、様々なエリアを冒険したり、他のユーザーとコミュニケーションを取るなどすることができます。

まずはメタバースに触れて、遊んでみることが大事ですね。

メタバース空間でアイテムなど(NFT)を作成する

メタバースプラットフォームでは上記の通り、ドラゴンを作ったり、下記のものを作ることが可能です(TheSandbox)。

  • アイテム
  • キャラクター
  • 建築物

これらのように作成したモノは、NFTアートとして販売できるようになるため、クリエイターとしてメタバース空間上で稼ぐ人も存在します

メタバース空間で働く

メタバースプラットフォーム上で、現実世界のように働いて仮想通貨を稼ぐことで、日本円に現金化することができます。

働き方は様々で、メタバースプラットフォーム内のクエストをクリアして通貨を稼ぐ方法。
また「メタジョブ」といった、メタバース専用の求人サイトがあります。こちらのサイトでは、接客業を始めとする仕事がフルリモートで行えます。

メタバース上の資産(土地など)に投資して稼ぐ

メタバースプラットフォームとの関わり方として、稼ぐことが目的であるならば、メタバース上の資産に投資することです。

メタバースプラットフォームの投資先は主に、メタバース空間内の土地(NFT)と仮想通貨です。
既にTheSandboxのLAND(土地)は高騰し数百万で取引されているなど、今後大きくなるメタバースプラットフォームに先行投資することで大きく収益を得られる可能性があります。

メタバースに関するQ&A


メタバースに関する、よくある質問にお答えします。

メタバースはスマホでも遊べますか?

スマホでも始められるメタバースもありますが、できればパソコンを用意したほうが良いでしょう。
なぜなら、現時点ではスマホ対応されているメタバースが少なく、操作性の面からパソコンが優れているからです。

メタバースは無料で始められますか?

メタバースは無料で始められるものが多いです。
ただしメタバースを本格的に利用するには、VRゴーグルや対応したパソコンが必要です。

メタバースは稼げますか?

メタバースの中には稼ぎやすいプラットフォームも存在します。
初期費用が必要なメタバースもありますが、すぐに回収でき、初心者でも月に1〜2万円稼げる可能性が高いです。

メタバースにVRゴーグルは必須?

いいえ、必要な方のみ買えばOKです。
「VRゴーグル」を使わなくてもメタバースを体験することができます。本格的な体験をしたい方は購入しましょう。

未成年でもメタバースは遊べますか?

メタバースは18歳以上から利用できるものが多いです。
しかし基本的にメタバース内では仮想通貨を使ってアイテムの売買などが行われるため、仮想通貨取引所の口座開設が必要です。したがって未成年ではできることが限られます。

メタバースの始め方まとめ

  • 手順①:コインチェックで口座開設
  • 手順②:メタバースアカウントを作る
  • 手順③:メタバース内の通貨を購入する
  • 手順④:プラットフォームに入る
  • 手順⑤:VR機器を購入する ※必要な人のみ

この記事を読んだ97%は行動しない

この記事を読んだあなたは、少なからずメタバースへの理解が深まったはずです。

試しにメタバースを始めたら、SNSフォロワーも増加し、お金も月7桁以上稼げるようになった…。という人を僕は何人もみてきました。

97%の人は、ここで何もせずに終わってしまいますが、残りの3%のあなたは、この機にぜひ行動してみましょう。

記事を読み終えたら、コインチェックで口座開設&イーサリアムの購入だけは済ませておくといいでしょう。

>>無料でコインチェックの口座開設をする

コインチェック

上記のリンクから、メタバースの世界へ一歩踏み出してみましょう。