CHAIN GRAPH(チェーングラフ) 日本最大級の仮想通貨とNFTの情報メディア

Sweatcoin(スウェットコイン)とは?始め方や使い方、仮想通貨の稼ぎ方を解説【Move to Earn】

GAME

悩むネコ
悩むネコ

STEPNをやろうと思ったけど、初期費用が高い…。
Sweatcoinなら無料で始められるし興味がある!

Sweatcoinの始め方と稼ぎ方が知りたいな!

このような悩みに答えます。

本記事の内容

  • Sweatcoin(スウェットコイン)ゲーム内容
  • Sweatcoin(スウェットコイン)の始め方
  • 稼ぎ方について


本記事では、次世代のSTEPNとして注目を集めるSweatcoin(スウェットコイン)のゲーム内容や遊び方、稼ぎ方など網羅的に解説していきます。

稼ぎたいなら仮想通貨取引所の口座は必須

稼いだゲーム通貨を日本円に換金する場合は、仮想通貨取引所の口座が必要となります。完全初心者には操作がシンプル&手数料無料の国内仮想通貨取引所『コインチェック』がおすすめです。

>>無料でコインチェックの口座開設をする

コインチェック

Sweatcoin(スウェットコイン)とは?概要を解説

Sweatcoin(スウェットコイン)とは、歩くだけで仮想通貨Sweatcoin(通称:SWC)がもらえるポイ活アプリのようなものです。

現在集めたSweatcoinは「Amazonギフト券」や「スターバックスのギフト券」、アップルのAirTagなどに交換できますまた利用者数が急増化しており、世界中で、6,400万もの人が利用している凄いアプリです。

アプリの開発元はイギリスですが、日本語にも対応しているため安心ですね。

次の章では、その特徴について詳しく解説していきます。

Sweatcoin(スウェットコイン)の特徴

スウェットコインの主な特徴は下記の通りです。

7つの特徴

  1. 初期費用が無料で始められる
  2. 世界中に約6,400万人のユーザーがいる
  3. 1日最大で9.5SWC を稼ぐことができる
  4. 稼いだSWCで様々な商品と交換できる
  5. 仮想通貨SWEATの上場が決定し、価格高騰する可能性がある
  6. 出資者(VC)やパートナーが豪華
  7. STEPN等の他の「Move-to-Earn」アプリと併用ができる

それぞれ解説しますね。

初期費用が無料で始められる

SweatcoinもSTEPNと同様に歩いて稼ぐ「Move to earn(動いて稼ぐ)」ゲームですが、無料で始められるのがSTEPNとの大きな違いです。

STEPNは現在、始めるためにNFTスニーカーが必要であり、その購入に10万~以上もかかります。Sweatcoinは無料で始めることができるため、STEPNをやっていなかった人たちにも注目されています。

また、招待コードやNFTの購入といった手間もかからないため、仮想通貨初心者の方にはかなりおすすめのアプリとなります。

>> Sweatcoinの公式アプリをダウンロードする

無料で始められることのメリット

  • 参入しやすい
  • 原資回収に頭を悩ませる必要がない
  • 初期投資後の暴落を心配する必要がない

世界中に約6,400万人のユーザーがいる

Sweatcoinはイギリスが開発したフィットネスアプリで、現在は世界で約6,400万人のユーザーがいる人気のアプリです。

日本で歩くだけで稼げると話題になっている『STEPN』が、約100万人と言われているのでその規模の凄さがわかると思います。

1日最大で9.5SWCを稼ぐことができる

Sweatcoinはスマホを持ち歩くだけで、仮想通貨SWCをゲットすることができます。

1000歩ごとに0.95SWC、1日最大で10000歩の9.5SWCを稼ぐことができます。

稼いだSWCで様々な商品と交換できる

歩いて稼いだSWCは、アプリ上のマーケットプレイスでさまざまな商品と交換することが可能です。

具体的には、下記のような商品と交換することができます。

  • スキンケア商品
  • Apple Watch
  • Netflixサブスクリプション 1か月分
  • Amazonギフトカード
  • Apple Air Tag
  • Ebayギフトカード

歩くだけで上記の商品がもらえるなんて豪華ですよね。

仮想通貨SWEATの上場が決定し、価格高騰する可能性がある

ここが最重要ポイントです。

今年の夏に、ゲーム内で稼いだSWCをSWEAT(仮想通貨)に交換できるようになります。つまり、ゲーム内の通貨を日本円に換金できることを意味します。

上記のように公式サイトでもアナウンスされています。

現状では、SWCはゲーム内でしか使えませんので、Amazonや楽天のポイントのような扱いでした。しかし、仮想通貨SWEATが上場すれば、簡単に日本円に換金できるようになります。

しかも、上場前に仮想通貨をコツコツゲットしていけば爆益を狙える可能性もあります。というのも仮想通貨は上場後に急騰することが多いからです。

例えば、STEPNで稼げるGMTは、上記のとおり上場からすでに30倍以上になりました。

ユーザー数はSweatcoinの方が圧倒的に多いため、期待はできますね。過度な期待は禁物ですが、Move-to-Earnはいくつも存在しているので、SWEAT以外にも多くの通貨を集めておくのが得策かもしれません。

出資者(VC)やパートナーが豪華

Sweatcoin(スウェットコイン)には、以下のような豪華メンバーが出資者となっています。

  • SPARTAN
  • OKEx Blockdream Ventures
  • NEAR FOUNDATION
  • DO KWON(Terraの共同設立者の1人)

「OKEx Blockdream Ventures」の親会社はOKX(大手の仮想通貨取引所)です。上場するとしたら、VCに入っているOKXの可能性が高いので、口座開設しておくと良いかもです。

また、アプリ内で稼いだSWCは、有名企業の商品やサービスと交換ができます。

一例としては以下の通りで、

  • iPhone
  • Apple Watch
  • Netflixのサブスクリプション
  • アディダスのバウチャー

上記のような有名企業から商品を提供してもらえているのも安心材料の1つです。

このようにSweatcoin(スウェットコイン)は支持基盤がしっかりとしており、かなり信頼できるプロジェクトだと考えています。

STEPN等の他の「Move-to-Earn」アプリと併用ができる

Sweatcoinはアプリをインストールしておけば、バックグランドで勝手に動作し、歩数をカウントしてくれます。

そのためSTEPN等の他の「Move-to-Earn」アプリと併用ができるようになっています。このように同時に使うことができるで、効率的に稼ぐことが可能ですね。

Sweatcoin(スウェットコイン)の始め方【簡単3ステップ】

ここからSweatcoin(スウェットコイン)の始め方を解説していきます。

手順は以下の3ステップです。

  1. アプリのインストール
  2. ウォレットの作成
  3. 国内の仮想通貨取引所を開設

ちなみに、今回はAndroid(アンドロイド)を使って手順を解説していきます。iPhoneでも手順はほぼ同じです。

手順①:アプリのインストール

アプリをスマホにインストールしていきます。

  • まずは、以下のURLをタップして、アプリのダウンロード画面を開きます。
    https://sweatco.in/app/sf/ganabadesu
  • すると上記のような画面になるので、画面中央の「Accept Invite」をタップします。Storeが開くので「入手」をタップし、ダウンロードが完了したらアプリを開きましょう。
  • サインアップをタップします。その後、いろいろと確認画面が出てきますが「続ける」をタップしていきます。
  • 『身体活動にアクセスする』をタップ。iphoneの場合は『モーションとフィットネスを許可』をタップします。
  • ポップアップが開くので、『許可』をタップ。
  • 『GoogleFitを有効にする』をタップ。iphoneの場合は、「HealthKitを有効にする」をタップします。
  • ポップアップが表示されるので、『許可』をタップ。iponeの場合は、歩数のところを「有効」にします。
  • 『歩数のカウントを許可する』をタップ。
  • ポップアップが表示されるので、『許可』をタップ。
  • 『了解しました』をタップ。
  • 下記のような画面になればインストール完了です。

手順②:ウォレットの作成

インストールが完了したら、続いてウォレットを作成していきます。

ウォレットは仮想通貨SWEATを受け取るための『お財布』のようなものです。今のうちに作っておきましょう。

  • まずホーム画面を開き、「Sign up to claim」をタップします。
  • 「Learn more」をタップします。
  • 「NEXT」が続くので、タップしていきます。
  • 「Get your wallet」をタップします。
  • 赤枠部分にメールアドレスを入力します。
  • 利用規約にチェックを入れて、「Send me the code」をタップします。
  • 「I understand 」をタップします。
  • すると先ほど登録したメールアドレスに6ケタの数字が届くので入力します。
  • 上記のような画面になればウォレットの作成は完了です。お疲れさまでした!

手順③:国内仮想通貨取引所を開設

コインチェック

最後に、仮想通貨SWEATを日本円に換金するには、国内の仮想通貨取引所が必須になるので、あらかじめ準備をしておきましょう。

なお、国内暗号資産取引所であればどこでもOKです。しかし、初心者には一番使いやすいコインチェックがおすすめです。

おすすめする理由は下記のとおり。

コインチェックがおすすめの理由

  • スマホアプリが使いやすい(国内取引所アプリDL数No.1)
  • 500円から仮想通貨が買える
  • 無料で口座開設できる
  • 大手ネット証券マネックスグループが運営

コインチェックではコンビニ決済や銀行振込ができ、取引も簡単でわかりやすいです。日本最大手&無料開設できるので、損をすることはありません。

>>無料でコインチェックの口座開設をする

コインチェックの口座開設手順

コインチェックの口座開設の手順については、以下の記事で解説しています。
【簡単5分】CoinCheck(コインチェック)で口座開設する方法【5ステップで解説】

以上でSweatcoinの準備は完了です。

Sweatcoin(スウェットコイン)の使い方

基本的な使い方について解説していきます。

その日の歩数の確認

その日の歩数は、ホーム画面の上部に表示されています。歩数が気になったらホーム画面に戻りましょう。

獲得した報酬(SWC)の確認

下記の手順で確認することができます。

  • 画面下部のお財布アイコンをタップ
  • 画面上部に表示されます

獲得した報酬(SWC)の使い道

現在は、前述したとおり通貨が上場前であるため、日本円に換金することはできません。したがって基本的には、仮想通貨SWEATが上場されるまでガチホしておけば問題ないです。

しかし、「稼いだSWCをすぐに使いたい」「使わないとモチベーションを保てない」という方もいると思うので、現段階での使い道について解説したいと思います。

マーケットプレイスで交換

1つ目は、マーケットプレイスで景品と交換する方法です。楽天やAmazonのポイントで買い物するイメージです。

現状のラインナップは下記のような感じです。

  • スキンケア商品
  • Apple Watch
  • Netflixサブスクリプション 1か月分
  • Amazonギフトカード
  • Apple Air Tag
  • Ebayギフトカード

交換できる景品は日々入れ替わるので、欲しい景品があった場合に交換してしまうのもありですね。

商品の購入方法は下記の手順です。

  • 画面下部のショップアイコンをタップ。
  • 好きな商品を選択
  • スワイプすることで商品と交換することができます。

オークションに参加

オークションでも様々な商品が出品されており、一番高額のSWCを入札した人が落札できる仕組みになっています。

下記のようなラインナップが過去ありました。

  • DJIのドローン
  • スマートウォッチ
  • IKEAのギフトカード
  • ダイソンのヘアドライヤー

こちらも日々商品が変わるので、チェックしておくといいでしょう。

寄付

また、Sweatcoinは国際NGOであるセーブ・ザ・チルドレンと連携して寄付にも力を入れています。

100以上の慈善団体と連携しており、Sweatcoinを通して慈善団体に寄付することもできます。

Sweatcoin(スウェットコイン)を効率よく稼ぐ方法

基本的には、歩くことで得られる歩数に応じてSweatcoin(スウェットコイン)を稼ぐことができます。

しかし、下記の手段を使ってSweatcoin(スウェットコイン)獲得の効率性を上げることが出来ます。

効率的な稼ぎ方5つ

  1. 歩いて稼ぐ
  2. デイリー2倍ブーストを使う
  3. デイリーリワード(広告を見る)
  4. 友達紹介で5コイン獲得
  5. 有料会員になって報酬を2倍にする

それぞれ解説していきます。

歩いて稼ぐ

一つ目はシンプルに歩いて稼ぐことです。なおSweatcoinはヘルスケアアプリと連動しているので、何もしなくても自動的に歩数をカウントしてくれます。

1,000歩で0.95コインを稼ぐことができ、一日の歩数上限は10,000歩となっているので上限9.5コインまで稼げます。

デイリー2倍ブーストを使う

デイリー2倍ブーストとは、毎日20分だけ獲得できるSweatcoinの枚数を2倍にできる機能のことです。

デイリー2倍ブーストの手順は以下の通りです。

  • ホーム画面を下にスクロールしていくと、「デイリー2倍ブースト」と表示されるので、画面中央の「2倍ブーストを開く」をタップします。
  • 「2倍ブーストを開始」をタップします。
  • 5秒間のカウントダウンが表示されます。
  • 20分間のブーストタイムが始まります。
  • あとは、20分間ひたすら歩き続けましょう。ブーストでは20分が終わると、通常の2倍のコインが付与されます。1日の中で一番歩くタイミングの多いときに活用しましょう。

デイリーリワード(広告を見る)

Sweatcoinはアプリ内の広告(15秒〜30秒)を見ることでもコインを稼ぐことができます。

広告は歩数に応じて1日に最大3回まで見ることができ、1回広告を見るにつき0〜1,000コインがランダムでもらえます。

1日の広告の視聴可能回数はログインで1回、500歩で2回、1,000歩で3回と増える仕組みです。

デイリーリワードのやり方を説明します。

まずホーム画面を下にスクロールしていくと、「デイリーリワード」と表示されるので、タップします。30秒〜1分ほど広告が流れるので、終わったら画面右上の「✕」ボタンをタップします。

これだけで完了です。2個目以降も同じ要領でゲットすればOKです。

友達紹介で5コイン獲得

Sweatcoinを友達に招待すると、1人につき5コインがもらえます。

紹介リンクからアプリをDLして、Sweatcoinへの登録が完了すると当日中に5SWCがもらえます。

なお自分の紹介URLを確認する方法は以下の通り。

  • 画面下部の「友達」アイコンをタップします。
  • 画面を下にスクロールしていくと、「リンクのシェア」が表示されます。
  • 紹介リンクコピーしたり、友達にメッセージで共有するなりしましょう。

プレミアム会員になって報酬を2倍にする

Sweatcoinにはプレミアムプランという有料プランが用意されています。プレミアム会員になると、報酬が2倍になります。

概要は下記を参考にしてください。

プレミアムプランの概要

  • 稼げるコインが2倍になる
  • 1日の歩数上限がなくなる
  • プレミアム限定ショップが利用可能
  • 月額570円 or 年額2,700円
  • 7日間の無料体験あり

フリープランでは1,000歩あたり1コインなのに対して、プレミアムだと1,000歩で2コインも稼げます。

また、フリープランの場合は1日10,000歩までしか稼ぐことができないものの、プレミアムだと歩数が無制限です。

上場前でコインの価格がどうなるか予想が付かないため、元が取れる保証はありませんが、そこまで高いものではないため気軽に入ってしまうのもありかもしれません。

Sweatcoin(スウェットコイン)の注意点

注意点としては、以下の4点です。

  1. アカウント名が本名になっている可能性がある
  2. 仮想通貨SWEATは早めの参入が大事
  3. Sweatcoinの将来価格は未知数
  4. アプリのバックグラウンド動作によるバッテリー消費に注意
  5. Apple Watch以外のウェアラブル端末には対応していない

順番に解説します。

アカウント名が本名になっている可能性がある

Apple ID、Googleアカウントの名前を本名に設定している方は、Sweatcoinの名前もそのまま本名で表示されてしまいます。

セキュリティ上の観点から、ニックネームなどに変更するのが望ましいでしょう。

変更手順は下記のとおりです。

変更手順

  • ①:画面左上のアイコンをタップ
  • ②:「編集」をタップ。
  • 「名前」を変更して「保存」タップ

仮想通貨SWEATは早めの参入が大事

上記のとおりで、1年後には『1,000歩=1SWEAT → 1,500歩=1SWEAT』に変わる予定です。つまり後発組は稼ぎにくくなるわけですね。

STEPNに乗り遅れてしまったという方は、SWEATCOINでは先行者利益が狙えます。迷ったらまずは行動してみましょう。

Sweatcoinの将来価格は未知数

STEPNの場合は、GSTやGMTといったゲーム内のトークンが既に取引所に上場し、市場で取引されているため価格を確認することができます。

一方でSweatcoinは、現段階では市場での取引はおこなえないため、価格を把握することができません。2022年夏にローンチされるので、その時になればわかるかもしれません現段階で日本円に換算してどれくらい稼げるのかは未知数です。

また現段階では、Sweatcoinを日本円に換金することはできず、アプリ内のマーケットプレイスで製品などと交換できるのみである点にも注意が必要です。

アプリのバックグラウンド動作によるバッテリー消費に注意

SWEATCOINでは、いったんスマホにアプリをインストールしておくと、アプリがバックグラウンドで動作し続け、ユーザーの歩数をカウントしています。

したがって思いがけず、バッテリーを消費している可能性もあります。心配な方はスマホの設定画面から、バッテリーを選択し、バックグラウンド動作によってどのくらいバッテリーを消費しているのかチェックしてみるといいでしょう。

Apple Watch以外のウェアラブル端末には対応していない

SWEATCOINでは、iPhone、Android、アップルウォッチには対応していますが、その他のウェアラブル端末には対応していません。

まとめ:Sweatcoin(スウェットコイン)の始め方・稼ぎ方

この記事では話題のアプリ『Sweatcoin(スウェットコイン)』について解説してきました。最後に記事をまとめて終わります。

  • 初期費用が無料で始められる
  • 世界中に約6,400万人のユーザーがいる
  • 1日最大で9.5SWC を稼ぐことができる
  • 稼いだSWCで様々な商品と交換できる
  • 仮想通貨SWEATの上場が決定し、価格高騰する可能性がある
  • 出資者(VC)やパートナーが豪華

早速、Sweatcoinを始めてみたい方は、以下のURLからダウンロード可能です。是非、ご活用ください。
ダウンロードURL:https://sweatco.in/app/sf/ganabadesu

おすすめのNFTゲーム

この記事を読んだ97%は行動しない

この記事を読んだあなたは、少なからずNFTゲームへの理解が深まったはずです。

試しにNFTゲームを始めたら、SNSフォロワーも増加し、お金も月7桁以上稼げるようになった…。という人を僕は何人もみてきました。

97%の人は、ここで何もせずに終わってしまいますが、残りの3%のあなたは、この機にぜひ行動してみましょう。

記事を読み終えたら、コインチェックで口座開設&イーサリアムの購入だけは済ませておくといいでしょう。

>>無料でコインチェックの口座開設をする

コインチェック

上記のリンクから、NFTゲームの世界へ一歩踏み出してみましょう。