CHAIN GRAPH(チェーングラフ) 日本最大級の仮想通貨とNFTの情報メディア

【初心者向け】QuickSwap(クイックスワップ)の使い方をわかりやすく解説【DeFi】

CRYPTO

悩むネコ
悩むネコ

QuickSwapの使い方を知りたい。QuickSwapを使って仮想通貨をスワップしたい。

このような悩みに答えます。

本記事では、QuickSwap(クイックスワップ)で暗号資産をスワップ(交換)する方法についてわかりやすく解説していきます。

本記事の内容

  • QuickSwapとはなにか
  • QuickSwapの使い方
  • QuickSwapを使う注意点

Polygon(ポリゴン)ネットワークのプロジェクトを利用する上で、Quick Swapの使い方を知っておくと、便利ですよ。

仮想通貨を購入してみよう!

『仮想通貨で稼ぎたい』という方は、コインチェックの口座を無料開設しておきましょう。初心者に1番おすすめの取引所です。

>>無料でコインチェックの口座開設をする

コインチェック

QuickSwap(クイックスワップ)とはなにか

QuickSwapはポリゴンチェーンの代表的な分散型の仮想通貨取引所(DEX)です。

分散型取引所(DEX)は、コインチェックのような従来の中央集権型の取引所とは異なり、管理者がいないことが特徴

代表的な分散型取引所と言えば、

  • QuickSwap:Polygonネットワーク
  • PancakeSwap:BSCネットワーク
  • UniSwap:Ethereumネットワーク

上記が挙げられます。

QuickSwapを利用することのメリット

QuickSwapを利用する最大の理由は、最も安い取引手数料でMATICを入手することができる点です。中央管理者が存在しないので、余計な手数料が取られずに済みます。

QuickSwap(クイックスワップ)の使い方【簡単3ステップ】


QuickSwapの使い方(スワップ)を以下のとおり。

  • ステップ①:QuickSwap(クイックスワップ)にアクセス
  • ステップ②:スワップする暗号通貨を指定
  • ステップ③:スワップする価格を入力

ステップ①:QuickSwap(クイックスワップ)公式サイトにアクセス

まずは「QuickSwap」にアクセスしましょう。

次にメタマスクを開いて、きつねアイコンの右側のネットワークの選択が『Polygon (Matic) Mainnet』になっていることを確認してください。

もし別のネットワークになっていたら、下矢印部分をクリックして『Polygon(Matic) mainnet』に変更しておきましょう。

メタマスクにポリゴンネットワークを追加していない方は、以下の記事を参考にしてください。

参考記事:MetaMaskでPolygonネットワーク(MATIC)に接続する方法【メタマスクの解説】

ステップ②:スワップする暗号通貨を選択


スワップ元となる通貨を選びます。
今回は「ETH」を使っていきます。


交換したい通貨を選びます。
今回は「ETH」を「MATIC」に交換していきます。

ステップ③:スワップする価格を入力

スワップする価格を入力します。

価格は『ETH』か『MATIC』のどちらかを入力すればOKです。
全額交換したい方はMAXをクリック。

最後に『Swap』をクリックしましょう。


ガス代が表示されるので、支払ったら、スワップは完了です。

LPマイニング・ファーミングのやり方はこちらを参考

QuickSwapでLPマイニングやファーミングをやりたい方は上記の動画を参考にどうぞ。

QuickSwap(クイックスワップ)を使う際の注意点


QuickSwapを使う際の注意点をまとめます。

ブリッジする際の手数料に注意

QuickSwapを利用する際にはまず、メタマスクに、Binanceなどの異なるネットワーク上で入手した仮想通貨を送金する必要があります。

この異なるチェーン間での送金を「ブリッジ」と呼びますが、一回の送金で数千円かかることも普通です。

したがって少額のトークンをブリッジする行為は避けたほうがいいでしょう。

草コインには要注意 

QuickSwapはまだまだ発展途上のサービスで、聞きなれない仮想通貨がたくさんあります。しかし、安易にそういった通貨に手を出してしまうと、多額の損失を被る可能性があります。

草コインはハイリスクハイリターンなので、初心者は安易に手を出さないようにしましょう。

草コインのリスクを知る上で、下記の記事が参考になります。

参考記事:一瞬にして暴落したTITAN、一体何があったのかシステムから原因まで徹底解説!

高額のインパーマネントロスに注意

QuickSwapだけに限らず、UniswapやPancakeSwapなどの分散型取引所を使用する際には、必ずインパーマネントロスという損失が発生します。

QuickSwapで流動性を提供する際には、非常に高いAPR(年利)が表示されている流動性プールが目に入ることがありますが、その分インパーマネントロスの割合も大きくなるので注意しましょう。

インパーマネントロスのわかりやすい解説はこちら

ぜひ、DeFiやDEXを触る際は「インパーマネントロス」に関して学習するようにしましょう。

参考記事:Defiのリスクと対策法を徹底解説【初心者向けに解説します】