CHAIN GRAPH(チェーングラフ) 日本最大級の仮想通貨とNFTの情報メディア

【動画を観て稼ぐ】仮想通貨StreamCoin(STRM,ストリームコイン)とは?特徴や買い方を解説

CRYPTO

悩むネコ
悩むネコ

仮想通貨STRM(ストリームコイン)って一体なに?
動画を観ながら稼げるって本当なの?
買い方の具体的な手順を知りたいな。

このような悩みに答えます。

本記事の内容

  • StreamCoinとは
  • StreamCoin将来性
  • 購入方法

皆さんは普段、YouTubeなどの動画サイトに多くの時間を使っているかと思います。そんな動画を観ている時間が、仮想通貨に稼ぐ時間に変わるのが今回紹介するStreamCoinです。
本記事では、仮想通貨の StreamCoin(STRM、ストリームコイン) の特徴や買い方まで網羅的に解説していきます。

口座開設をしておこう!

『仮想通貨で稼ぎたい』という方は、コインチェックの口座を無料開設しておきましょう。初心者に1番おすすめの取引所です。

>>無料でコインチェックの口座開設をする

コインチェック

StreamCoin(STRM,ストリームコイン)とは?

「Move to Earn(動いて稼ぐ)」で仮想通貨STEPNが流行っていますが、次に注目されているのが「Watch to Earn(観て稼ぐ)」です。

そしてStreamCoinでは、世界初の『Watch to Earn(観て稼ぐ)』を導入しており、また今までの中央集権型の動画配信サイトとは違って、非中央集権の動画配信サイトとなります。

非中央集権のため、第3者(サイト運営会社)の仲介がなくなりダイレクトに投げ銭が可能となります。YouTubeでは投げ銭をおこなっても、全額が動画投稿者の元に入るわけではなく、Google本社に一定の手数料が差し引かれますよね。

なお2022年にリリースされる動画配信サイト「MeiTalk」によって、StreanCoinは実装されます。

StreamCionは動画配信者と視聴者を直に繋ぎます。ブロックチェーン技術によって第3者に高額費用を支払うことなく、素早く投げ銭を送金出来ます。世界中どこでも自分が応援する動画配信者にストリームコインを送金出来ます。視聴者と動画配信者は第3者を介さず、簡単に直に話し合うことが出来ます。

https://stream-coin.com/jp/

特徴をまとめると以下の5つ

  1. 広告を観ることで仮想通貨が稼げる
  2. 50以上のプラットフォームで同時配信可能
  3. リアルタイムAI自動翻訳機能がある
  4. 動画をNFTにできる
  5. 2022年5月に120以上の取引所で同時上場予定
  6. すでに8000人以上のYoutuberと提携済

STREAM(ストリーム)は視聴者だけでなく、動画配信者にとっても興味深いサービスとなっています。

STRMトークンについて

StreamCoin(ストリームコイン)では「$STRM」がトークンとして発行されます。
現在、バイナンススマートチェーン(BSC)のBEP-20標準に従っており、ストリームチェーンがリリースされるとメインネットに切り替わります。トークンは今後、以下の用途で使える予定です。

  • ステーキング
  • ファーミング
  • 寄付
  • ライブ配信時の投げ銭
  • NFT売買

次世代型の動画配信サイトMeiTalk(メイトーク)について解説

動画配信サイトMeiTalk(メイトーク)の特徴について解説していきます。

マルチストリーミングが可能

MeiTalk はマルチストリーミングプラットフォームであり、MeiTalk上でストリーム配信を行うことで、次のような様々な動画サービスでも同時配信を行うことができます。

  • YouTube
  • Facebook
  • Twitter
  • TikTok
  • 17LIVE
  • その他、合計50の動画サービス

これまでは1つの動画を複数の動画サービスへアップするためには手間がかかりましたが、MeiTalkでは主要な動画サービスほとんどと連携しているため、これ1つ配信すれば完結してしまいます。

リアルタイム翻訳機能が可能

MeiTalkでは、自動でストリーム配信で用いられている言語を検知して視聴者の言語でリアルタイムに字幕を表示させる「リアルタイム翻訳機能」があります。

これまでも YouTube等でもおまけ程度の字幕機能はありますが、、リアルタイムでの字幕は困難であるという問題がありました。そのためYouTubeではほぼ母国語の動画しか見ることはありませんし、動画配信者が海外に向けて動画を作ろうとすると、自分で字幕を付ける必要があります。

しかし、MeiTalk では「リアルタイム翻訳機能」では、これらの問題は全て解決され、動画配信者も視聴者も国の垣根を超えて動画を楽しむことが出来るようになるのです。

MeiTalkリワード

動画配信者や視聴者は広告を視聴して仮想通貨STRMを受け取ることができます。
また動画投稿者は視聴者からSTRMをリワードとして受け取ることもできます(投げ銭機能)。

Real Research

StreamCoinは、RealResearch(リアルリサーチ)とパートナーシップを組んでおり、アンケート参加者にストリームコインを報酬として提供するとしています。 アンケートに答えてポイントがもらえる、ポイ活のような感じです。

StreamNFTマーケットプレイス

NFTマーケットプレイスでは、動画を高速かつ安い手数料で簡単にNFTに転換できます。

自分で作った動画をNFT化して、販売することができるのは面白い機能ですよね。マネタイズの方法が増えるのは動画投稿者にとっても嬉しい話です。

ロードマップ

2022年4月にパンケーキ・スワップに上場します。
2022年5月には120以上の取引所で同時上場予定

実装前からこれだけ多くの取引所で上場の予定があるというのは、期待できますね。

StreamCoin(STRM,ストリームコイン)の魅力

Watch to Earn(観て稼ぐ)

何といっても、動画の広告を観るだけで稼げる世界初の仮想通貨プロジェクトという点です。

デバイスは問わずパソコン、スマホでもタブレットにも対応するそうです。『動画の広告を観るだけ』で済むため、誰でも気軽に稼げるのが魅力です。

現在動画配信の市場規模は2000億円以上の規模となっており、まだまだ市場が拡大することが予想されています。その市場にブロックチェーン技術によって作られたMeiTalkという動画配信サイトが参入するのは非常に楽しみです。

今まで嫌々観ていた広告も、稼げるとなれば時間が無駄にならずに済みますね。

マルチ同時配信機能

先ほども説明しましたが、動画配信者にとっては非常に便利な機能です。

メイトークで動画をアップすれば、50以上のプラットフォームに同時配信ができてしまいます。今までプラットフォームを使い分けて配信していた方にとっては朗報でしょう。

またAIによる自動翻訳機能付きなので、国境を越えて動画を配信することが可能になります。これらの仕組みによって、視聴者数の増加と視聴時間の拡大が図れるのは非常に魅力的ですね。

ストリームブリッジ

ストリームブリッジとは、ストリームコインホルダー同士が異なるブロックチェーンのトークンを安全かつ簡単に相互交換できるサービスです。

ストリームブリッジは上場後、分散型取引所(DEX)で取引が始まるとSTRMの流動性を増加させます。これによりユーザーは、STRMをBSCからEthereum、Polygon、FantomおよびAvalancheにスワップすることが可能になります。

つまりストリームブリッジによりSTRMトークン価値の上昇につながるということです。

StreamCoin(STRM,ストリームコイン)の将来性

StreamCoinの将来性についてみていきたいと思います。

チームメンバーが充実

チームメンバーの経歴は上記のとおり、申し分ないと思います。
CEOはメタバースイベントでプレゼンをおこなうなど、対外的な活動も積極的にしているようです。

120もの取引所へ同時上場予定

これはにわかに信じがたいのですが、2022年5月にはなんと全世界120以上もの仮想通貨取引所への同時上場を計画しているようです。

これまでにも有名な人物が参画している仮想通貨プロジェクトはあり、仮想通貨公開直後に複数の仮想通貨取引所へ上場した仮想通貨はありましたが、120以上の取引所へ同時上場というのはほぼ例を見ないレベルです。

仮想通貨の上場には多額の資金が必要ですが、120以上も上場となると運営の資金調達がそれだけ上手くいっているということでしょう。

もし120取引所同時上場が実現出来た場合には、仮想通貨STRMの名が知れ渡ることになり、価格は高騰する可能性が高いですね。

結論:期待はできる

結論、期待はできると思っています。理由は主に以下のとおり。

  • ロードマップや運営の構想がしっかりしている
  • 動画プラットフォームの市場規模が大きい
  • プロジェクト自体に魅力があり、機能が充実している
  • マーケティングや資金調達をきちんと行えている

個人的にかなり期待値の高いプロジェクトです。
「Watch to Earn(観て稼ぐ)」はStreamCoinが先駆者となって、爆発的に流行する可能性を秘めています

StreamCoin(STRM,ストリームコイン)の買い方・購入方法

仮想通貨STRMの買い方、購入手順について見ていきましょう。

仮想通貨STRMは、海外取引所Bybitにて購入可能です。Bybitの他、パンケーキスワップやユニスワップでも交換可能です。
>>BYBITの公式サイトはこちら

STRMの購入手順

>>無料でコインチェックの口座開設をする

上記リンクを踏むと、参考ページに飛ぶことができます。

BYBITでのトレード方法は動画の方がわかりやすいと思うので、参考動画を貼っておきます。

なおBybit(バイビット)では「STRM/USDT」の通貨ペアで現物取引が可能なので、STRMの購入には「USDT」が必要です。

またBybitでは日本円の入金ができない為、国内取引所で購入した仮想通貨(イーサリアム等)をBybitへ送金する必要があります。

公式リンク

最新情報は随時以下で追いましょう。

公式HP

ホワイトペーパー Ver.3.5(英語)※投資するなら一度は目を通しておきましょう

公式Twitter

公式テレグラム