CHAIN GRAPH(チェーングラフ) 日本最大級の仮想通貨とNFTの情報メディア

【NFTゲーム】iStep(アイステップ)とは?始め方や稼ぎ方を解説【Move to Earn】

GAME

悩むネコ
悩むネコ

STEPNは乗り遅れてしまった。。。
iStepってのが流行りそうだから興味がある!

iStepの始め方と稼ぎ方が知りたいな!

このような悩みに答えます。

本記事の内容

  • iStep(アイステップ)のゲーム内容
  • iStep(アイステップ)の始め方
  • 稼ぎ方について

本記事では、次世代のSTEPNとして注目を集める『iStep(アイステップ)』のゲーム内容や遊び方、稼ぎ方など網羅的に解説していきます。

稼ぎたいなら仮想通貨取引所の口座は必須

稼いだ通貨を日本円に換金する場合は、仮想通貨取引所の口座が必要となります。完全初心者には操作がシンプル&手数料無料の国内仮想通貨取引所『コインチェック』がおすすめです。

>>無料でコインチェックの口座開設をする

コインチェック

iStep(アイステップ)とはどんなゲーム?概要を解説

iStep(アイステップ)は、歩くだけで仮想通貨を稼ぐことができるMove to Earnアプリです。
ブロックチェーンは、BSC(バイナンススマートチェーン)を利用しています。

ゲームのシステム自体は今話題のアプリ『STEPN』と非常に似ており、初めにNFTスニーカーを購入する必要があります。

スニーカーにはレア度や特性があり、ランクが高いほど一日に多くの暗号資産を獲得できます。なおスニーカーは公式マーケットプレイスで売買可能です。

値段は最安で1400iStepほどですので、日本円に換算すると約14000円ほどで購入できます。

忙しい人に向けて概要をまとめると以下のとおり。

iStepの特徴まとめ

  • STEPNに似たM2Eアプリの中でも注目度が高い
  • スニーカーは公式サイトのマーケットで購入可能
  • ブロックチェーンはBSCチェーンを採用
  • スニーカーの能力値により獲得できるトークン量が違う
  • 初期費用は日本円で約14,000円ほど

公式動画

ゲーム内容は下記動画を見るとイメージ湧くかと思います。

ゲーム内で使用される仮想通貨(トークン)について

iStep(アイステップ)で使用されるトークンは下記の1つのみです。

  • $iStep

$MOVEYはBEP20トークンで、ゲーム内で使用されます。$MOVEYトークンには主に下記の用途があります。

  • NFTスニーカーの購入
  • NFTの作成
  • NFTスニーカーのレベルアップ
  • 特別なイベントへの参加

iStepトークンは分散型取引所であるパンケーキスワップで売買することが可能で、現在のレートで8円ほどです。

現在のレートはこちらで確認ができます。

上記のとおり、一週間で約5倍以上の高騰をしており、非常に期待度の銘柄となっています。

まだまだ先行者利益の狙える段階ですので、興味のある方はトークンを購入しておきましょう。購入方法は次章で解説します。

iStep(アイステップ)の始め方

動いて稼ぐアプリ「iStep(アイステップ)」の始め方は、以下の10ステップ。

iStepの始め方10ステップ

  1. 国内仮想通貨取引所で口座開設
  2. イーサリアムまたはリップルを購入する
  3. バイナンスで口座開設
  4. バイナンスにイーサリアムを送金
  5. バイナンスでイーサリアムをBNBにトレード
  6. メタマスクに購入したBNBを送金する
  7. パンケーキスワップでBNBをiStepトークンにスワップ(交換)する
  8. NFTスニーカーを購入
  9. アカウントを作成
  10. アプリをダウンロード

上記のとおり。
やること多いなと感じるかもですが、「iStepトークンの購入」さえクリアすれば残りは簡単です。

ステップ①:コインチェックで口座開設する

まずは暗号資産取引所で口座開設しましょう。
個人的に、国内取引所は「Coincheck(コインチェック)」がオススメです。

なお、コインチェックではコンビニ決済や銀行振込ができ、取引も簡単でわかりやすいです。日本最大手&無料開設できるので、損をすることはありません。

>>無料でコインチェックの口座開設をする

コインチェックの口座開設手順

コインチェックの口座開設の手順については、以下の記事で解説しています。
【簡単5分】CoinCheck(コインチェック)で口座開設する方法【5ステップで解説】

コインチェック

ステップ②:イーサリアム(ETH)またはリップル(XRP)を購入する

次にイーサリアムを購入していきます。送金手数料の安さを考えるならXRP(リップル)でもOKです。

NFTやトークンの価格が上昇した場合は、投資額以上のリターンが得られる可能性があります。先行投資だと思って、ポチりましょう。
参考記事:【超初心者向け】コインチェックでイーサリアムを購入する方法【送金する方法も解説】

ステップ➂:バイナンスで口座開設

続いて、BNBを購入する必要があるため、バイナンスで口座開設しましょう。BNBを扱っている海外取引所は他にもありますが、バイナンスが一番おすすめです。

Binanceは世界最大級の取引所で、日本語にも対応しているので操作は全く難しくありません。

手順は下記の記事で解説しています。
参考記事:【初心者向け】バイナンスの口座開設方法【たったの3分】

ステップ④:バイナンスにイーサリアムを送金

続いて、バイナンスにイーサリアムまたはリップルを送金します。

手順は下記の記事で解説しています。
参考記事:コインチェックからバイナンスへ送金する方法【5ステップで解説】

ステップ➄:バイナンスでイーサリアムをBNBにトレード

バイナンス」にて「イーサリアム」を「BNB」に交換します。日本円で直接「BNB」を買うことはできないので、「バイナンス」内でトレードする必要があります。


交換方法は少しややこしいので、上記解説動画を見ながら取引をおこなってください。
なお動画内のBTC→イーサリアム、USDT→BNBに読み替えてください。

記事で進めたい方は下記記事をどうぞ。
【初心者向け】Binance(バイナンス)で仮想通貨を買う方法【簡単3ステップ】

ステップ⑥:メタマスクに購入したBNBを送金する

先程購入したBNBをメタマスクに送金します。

メタマスクとは、暗号通貨を保管するための『お財布』のようなものです。NFTゲームをプレイするためには、メタマスクが必要になるため無料で作成しておきましょう。

  1. メタマスクウォレットの作成方法メタマスクウォレットを作成する方法【もっとも簡単な解説】
  2. メタマスクにBSCを追加する方法MetaMask(メタマスク)にBSCネットワークを追加する方法
  3. メタマスクに送金する方法メタマスクに仮想通貨を入金・送金する方法【3ステップで解説】

上記のリンクをクリックすると、解説記事に飛びます。全て済ませてしまいましょう。

ステップ⑦:パンケーキスワップでBNBをiStepトークンにスワップ(交換)する

続いて行うのは、パンケーキスワップでBNBからiStepトークンへのトレードです。

iStepトークンは分散型取引所Pancakeswapにしか上場していないため、Pancakeswapにアクセスする必要があります。

手順としては、

  1. パンケーキスワップにアクセス
  2. 「Connect Wallet」からMetamaskを選択して接続
  3. 「Trade」の「Swap」を選択し、スワップ部分の下にある通貨の部分をタップ
  4. 検索覧にiStepトークンのコントラクトアドレス:「0x67343c29c0fD9827F33E675e0eB80773f9444444」を入力して、「iStep」を追加
  5. 金額を入力し、スワップトレードを行う

となります。

パンケーキスワップの使い方に関する動画

ステップ⑧:NFTスニーカーを購入

次にNFTスニーカーを購入していきましょう。

まずリンクをクリックして、公式NFTマーケットにアクセスしましょう。

アクセスできたら、画面右上の『CONNECT WALLET』をクリック。メタマスクが開くので、サイトに接続していきましょう。

画面右上に、ウォレットアドレスが表示されていれば、メタマスクの接続は完了です。

下にスクロールしていくと、スニーカーが出てくるので好きなシューズを選びましょう。

フィルター機能を使って、安い順に並び替えると、最安のスニーカーを簡単に探すことができます。

購入するシューズボックスが決まったら、『BUY NOW』ボタンをクリック。

次に『APROVE』をクリック。すると、メタマスクウォレットが開き、ガス代(手数料)やNFTの購入価格の確認画面が表示されるので、問題なければ『承認』をクリック。

以上でスニーカー(NFT)の購入は完了です。

ステップ⑨:アカウントを作成

次にアカウントを作成していきます。

まず画面右上のウォレットアドレスが表示されている横の『LINK ACCOUNT』をクリック。

下記のようなポップアップが表示されるので、下記の青文字『Sign Up now』をクリック。Googleアカウントを持っている場合は、『LINK WITH GOOGLE ACCOUNT』をクリックすると素早くアカウントを作成することができます。

下記の項目を記入していきましょう。

  • 登録するメールアドレス
  • パスワード

記入が終わったら、『Sign Up』をクリックしましょう。

すると先ほど入力したメールアドレスに下記のようなメッセージが届くので、リンクをクリックしましょう。

以上でアカウントの作成は完了です。

ステップ⑩:アプリをダウンロード

次はアプリを下記リンクからダウンロードします。

インストールが完了したらメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

ログインしたら購入したスニーカーが反映されていると思いますので、画面下にある「Start」を押せばすぐにゲームをプレイすることができます。

iStep(アイステップ)のゲームモード

iStep(アイステップ)では3つのモードが用意されています。

  • ソロモード
  • マラソンモード
  • チームモード

順番に解説していきますね。

ソロモード

ソロモードは、一人でプレイするモードになります。NFTスニーカーを履いて歩いたり、走ったりすることでトークンを獲得できます。

また歩いた分無制限に稼げるわけではなく、各スニーカーにはエネルギーが存在し、エネルギーを消費したぶんだけ稼ぐことが可能です。つまりエネルギーが空っぽの状態で歩いてもトークンを稼ぐことはできません。

なお1エネルギーにつき5分移動が可能になります。またGPSが上手く読み取れないと収益を得ることができませんので、できるだけ周りに建物がない電波が届きやすい場所で移動しましょう。

マラソンモード

マラソンモードでは、プレイヤーは随時開催されるトーナメントに参加することができます。

登録料

トーナメントに参加するためには、登録時に料金を支払う必要があります。なお支払った参加料は、マラソンを完走した際に、全額返金されます。

リーダーボード(ランキング制度)

マラソン参加者は獲得したポイントによってランク付けされます。ポイントは、ユーザーの走行速度距離などに基づいて計算されます。

チームモード

知人を招待して一緒に運動するモードです。家族や友達とプレイすることで、モチベーション維持に活用するといいでしょう。

STEPN(ステップン)や他M2Eアプリとの違い

STEPNとの大きな違いは、STEPNは基本的に一人でプレイする要素が強いですが、iStepでは友達や家族で遊ぶモードがあるなど、複数人で一緒にプレイすることができる点です。

iStep(アイステップ)のNFTスニーカーについて

iStepのNFTについて解説していきます。

レア度について

ISTEPのスニーカーには下記の3種類のレア度が存在します。レア度が高いほど、スニーカーの能力値も高いため、より多くのトークンを稼ぐことができます。

  • コモン
  • エピック
  • レジェンド

スニーカーの種類

ランニングシューズの種類は全部で4つです。

デフォルトは最初にお試しに使えるものですが、7日間しか使用できず、NFTではないため所有することはできません。

それぞれ速度範囲が設定されており、速度に合わせて歩いたり走ったりしないと効率よく稼ぐことはできません。

  • デフォルト → 4km 〜 10km
  • ウォーカー→ 1km 〜6km
  • ジョガー→ 4km 〜10km
  • ランナー→ 8km 〜20km

さらに1エネルギー消費あたりの最大リターンも変わってきます。

  • デフォルト → 2 ISTEP
  • ウォーカー → 15 ISTEP
  • ジョガー → 32 ISTEP
  • ランナー → 70 ISTEP

早いスピードで移動するランナーが一番稼げるようです。

上記はあくまで理想値で、基本的に獲得できるトークン量はスニーカーの能力値に依存します。

スニーカーの能力値

スニーカーの能力値を説明します。

  • Efficiency
  • Durability
  • Luck
  • Resistance

Efficiency

この数値が高ければ高いほど、より多くのISTEPトークンを獲得できます。

Luck

移動中のトークンのドロップ率を決める数値です。

1ポイントは1エネルギーを消費した時の1%のドロップに相当します。

例えばLuckが10のシューズの場合、1エネルギー消費するとISTEP1個のドロップ率は10%です。

Durability

耐久性のことで、初期値は100/100です。この値は移動するたびに、減っていき一定値を下回ると稼ぐ効率が落ちていきます。耐久性=0の場合、トークンを獲得することはできません。

具体的には以下のとおり稼ぐ効率が悪くなります。

  • 90-100 → Efficiency × 1
  • 80-89 → Efficiency × 0.8
  • 70-79 → Efficiency × 0.6
  • 60-69 → Efficiency × 0.4
  • 50-59 → Efficiency × 0.2
  • ≦49 → Efficiency × 0.1
  • 0 → Efficiency × 0

耐久値を100へ戻すためには修理が必要で、この際にトークンを消費する必要があります。

Durabilityの値が高い場合には、耐久値が減りにくくなるため、修理のためのトークン消費が少なく済みます。

Resistance

1回の移動で1ユニット分の耐久力が減少する時間を決定するステータスです。

耐久力が1下がる時間は下記の計算式が適用されます。
Resistance×3+60(秒)

エネルギー

エネルギーは移動できる時間を表します。1エネルギーは5分です。6時間毎に総エネルギーの25%が回復します。

最大エネルギーはシューズの数によってかわります。

  • 1足 → 2
  • 3足 → 4
  • 9足 → 8
  • 15足 → 12
  • 30足 → 20

スニーカーを1足だけ保有している場合は、1日10分運動して稼ぐことができます。より多くのスニーカーを所有することで、エネルギー制限を増やすことができるのでより稼ぐことが可能です。

またシューズのレア度と種類によってもエネルギーが加算されます。

  • エピック → +1
  • レジェンド → +2
  • ランニングシューズ → +1

なおランニングシューズは1アカウントにつき5エネルギーまでしか加算されません。つまり6足保有していたとしても+5エネルギーです。

メダルについて

ミッションを達成、またはブランドコラボNFTを獲得することで、メダルを集めることができます。

難しいタスクほど多くのメダルを獲得でき、メダルを獲得したプレイヤーは、ゲーム内で様々な特典を得ることができます。

マーケットプレイスについて

公式サイトのマーケットプレイスでスニーカーとスニーカーが入ったiBOXを売買できます。

現在iBoxは3万円前後、スニーカーは1万4千円前後で購入可能です。

iStep(アイステップ)の将来性

iStepの将来性についても見ていきましょう。

  1. トークンアロケーションが理想的
  2. ロードマップが明確

順番に解説します。

トークンアロケーションが理想的

iStepのトークンアロケーション(配分割合)は理想的なバランスと言えます。運営がトークンを15%しか持たないという点はかなり評価できます。

というのも一般的に運営の持ち分割合が高いと(具体的なラインは30%以上)、信用されなくなるからです。

保有割合が多いと通貨が上昇したタイミングで、運営がトークンを売り払い、それによりトークンの価格が急落する恐れがあります。

iStepでは保有割合を明確化しているため、トークンの価格が安定し、より安心して取引がおこなえるようになるでしょう。

ロードマップが明確

iStep(アイステップ)はロードマップを明確に示しています。2023年までのロードマップを示しており、以下のような開発を計画しているようです。

ターゲット市場に日本が含まれているため、move to earnプロジェクトでは珍しく日本語にも対応するかもしれません

また将来的には、歩いたり、走ったりすること以外にもさまざまな運動に対応する予定だそうです。メタバースにも力を入れるようで、AR/VR機能の実装も楽しみですね。

Q3-2022

  • アプリの更新
  • マーケットプレイスの更新
  • ステーキングプール
  • ミニゲーム&チャレンジ実装

Q4-2022

  • CEXリスト
  • ファーミング
  • スニーカーブランドとのパートナーシップ

2023年第1四半期

  • スニーカーのアップグレード可能
  • 練習モード
  • マルチチェーン対応
  • スポーツブランドとのパートナーシップ

Q2-2023

  • 新しいスポーツ活動の追加
  • レンタルシステム
  • ソーシャルFi
  • ワールドトーナメント

Q3-2023

  • AR/VR機能の追加

公式リンク

最新情報は下記を追うようにしましょう。

まとめ:iStep(アイステップ)で先行者利益を得よう

今回はiStep(アイステップ)の概要や始め方について解説しました。

最後に記事をまとめて終わります。

  • STEPNに似たM2Eアプリの中でも注目度が高い
  • スニーカーは公式サイトのマーケットで購入可能
  • ブロックチェーンはBSCチェーンを採用
  • スニーカーの能力値により獲得できるトークン量が違う
  • 初期費用は日本円で約14,000円ほど

iStep(アイステップ)に少しでも興味があるなら、機会損失をしないよう試してみる価値はあるのかなと。

なお、iStep(アイステップ)を始めるためには最初にNFTスニーカーを仮想通貨で購入する必要があるので、仮想通貨取引所の口座開設が必須です。

>>無料でコインチェックの口座開設をする

コインチェック

iStep(アイステップ)で稼ぎたい!という方は、口座開設まで最短1日のコインチェックに登録し、iStep(アイステップ)をプレイしてみましょう。

歩いて稼げるアプリ

Move-to-EarnアプリのSTEPN、Sweatcoin、Aglet、5KM、Genopets、AMAZY、RUNBLOX、Walken、DEFY、SNKRZ、MOVEYの始め方については、以下の記事を参考にしてください。